いよいよ、夏本番!

皆さん、こんにちわ!

毎日毎日、暑い日が続いていますね。

夏は暑いのが当たり前ですが、ここのところの暑さなど尋常ではない感じがします・・・。

さて、夏と言えば「お祭り」ということで、ホテル周辺地域でのお祭り情報です。

わくわくして見に行っていた、小さい頃を思い出して

久し振りにいってみようかなあ。

2017夏祭り 002

期待しています♪

まだまだ、寒暖の差があって外出に着ていくものも少し悩みますね。

早いもので、もうすぐ大相撲の夏場所が始まります。

やはり、注目は3場所連続優勝のかかる横綱稀勢の里ですよね!

先場所の怪我の影響により、出場が危ぶまれていましたが

出場が決まったからには、ぜひ頑張ってほしいと願っております。

535055_384016374986626_1468708452_n[1]

相乗効果で、茨城県がもっと盛り上がっていけば良いな~と。

 

 

超限定のお部屋のご案内です

皆様初夏の頃いかがお過ごしでしょうか

この度、当ホテルでは特別限定部屋をご用意致しました

その名も「レディースルーム」

女性のお客様限定の特別プラン部屋です

「え?これプラザ荒川沖?」と思ってしまう、お洒落なお部屋に仕上げました

これですladiesroom

ladiesroom2

いかがですか?

プラザ荒川沖の雰囲気ではないような素敵なお部屋です

ただし、このお部屋は「限定1部屋」になりますので、お取りできないことも多くあります

御予約も「お電話もしくはフロント直接御予約のみ」

という超々限定部屋となりますのでお気を付け下さい

皆様のご予約をお待ち申し上げております

 

リニューアルキャンペーンあとわずか!

おはようございます

 大寒もすぎ、寒さも一段落でしょうか?まだまだ寒い冬が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか

いよいよリニューアルキャンペーンもあと数日になってきました

1月31日までのご宿泊予約でプラザ荒川沖ホームページから、シングル一泊5000円でご利用いただけます。

この機会に是非ともビジネスホテルプラザ荒川沖をよろしくお願い致します

今日の大浴場もこんな感じです、温まります

大浴場1

 

大浴場休止のお知らせ

秋本番、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 さてこの度プラザ荒川沖の大浴場がリニューアルにより、11月一杯休止させていただきます。

12月には綺麗になって戻ってまいりますので、しばらくお待ちくださいませ。

ご不便をおかけしますが何卒よろしくお願い致します。

 

hanabi2014 

(プラザ屋上より望遠にて撮影)

今月は土浦の花火がありました。

プラザからも一応見えるのです。去年は靄がかかって見えませんでしたが、今年は好天に恵まれ最高の花火日和でしたね。

 

 

hanabi2014-2

 (プラザ屋上にて望遠で)

 来年も是非プラザ荒川沖のご利用お待ち申し上げております。

 

 

笠間稲荷で初詣

笠間稲荷神社へ初詣へ行ってきました。

 

参道です。正月三日ですが、結構な賑わいです。

 sandou

正門です。「謹賀新年」の文字が出迎えてくれました。

 seimon2

本殿です。一年の繁盛を祈願しました。

 honden

お神籤を引くと「大吉」が出ました。

 mikujihannbai

「大吉」のお神籤です。

 omikuji

正門の前は仲見世が並んでいます。

 nakamise

仲見世の「玉起屋」さんです。

 tamaki

「玉起屋」さんで招き猫を買いました。

 manekitana

皆様のお越しをお待ちしています。

manekineko

いちご大福のお土産

 

 

当ホテルの建つ土浦市には「亀城公園」という城跡があります。今日は久しぶりに訪れてみました。

hisasiburi

 

公園前の通りです。土浦駅から続いています。

 

 iriguti

 

公園の入り口です。春になると桜が満開になるのですが、この時期は少しさびしいです。

 

 hori

 

堀の水はきれいに樹木を写していました。

 

 siba

 

園内は掃除が行き届いています。かわいい柴犬に出会いました。

 

 koi

 

澄んだ水の中を鯉が気持ちよさそうに泳いでいました。

 

 公園の周りには古い街並みも残っています。

 

 miyamoto

 

帰りに公園のすぐ近くの「みやもと」屋さんでいちご大福を買いました。とてもおいしかったです。

daihuku

 

河童伝説

当ホテルから国道6号線を東京方面へ向かってクルマを走らせることしばらく、河童伝説を尋ねて牛久沼に行ってきました。

 

牛久沼のほとりに住んで生涯に数多くの河童の絵を描いたのが小川芋銭翁です。まずはその旧宅である「雲魚亭」に向かいました。国道6号線からはだいぶ入ったところにあるのですが、案内板が詳しく出ているのでさほど迷いませんでした。駐車場は6台分のスペースがあります。

 kappa1

クルマを停めるとすぐに2匹の猫が寄ってきました。たいへん人懐こくて私の足にからんでくるほどです。

 kappa2

雲魚亭です。2匹の猫はここまでついてきました。そして勝手に玄関から建物の中に入ってしまいました。暖かい場所にはすぐに反応するようです。

 kappa3

雲魚亭のすぐ近くに「河童の碑」があります。

 kappa4

カッパ松です。伝説によれば、悪さをした河童をこの松の木に縛り付けて懲らしめたそうです。

 kappa5

牛久沼の風景です。河童は本当にいるんでしょうか?

 kappa6