リニューアルキャンペーンあとわずか!

おはようございます

 大寒もすぎ、寒さも一段落でしょうか?まだまだ寒い冬が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか

いよいよリニューアルキャンペーンもあと数日になってきました

1月31日までのご宿泊予約でプラザ荒川沖ホームページから、シングル一泊5000円でご利用いただけます。

この機会に是非ともビジネスホテルプラザ荒川沖をよろしくお願い致します

今日の大浴場もこんな感じです、温まります

大浴場1

 

休館のお知らせ

 

平素は当ホテルを御利用いただき御厚情のほど、心より御礼申し上げます。

8月の12日より16日まで全館メンテナンスのため休館とさせていただきます。営業再開は17日よりとなっております。

少しづつですがリニューアルも着々と進んでおります。

今後ともホテルプラザ荒川沖をよろしくお願いいたします。

CA3A0451CA3A0450

いちご大福のお土産

 

 

当ホテルの建つ土浦市には「亀城公園」という城跡があります。今日は久しぶりに訪れてみました。

hisasiburi

 

公園前の通りです。土浦駅から続いています。

 

 iriguti

 

公園の入り口です。春になると桜が満開になるのですが、この時期は少しさびしいです。

 

 hori

 

堀の水はきれいに樹木を写していました。

 

 siba

 

園内は掃除が行き届いています。かわいい柴犬に出会いました。

 

 koi

 

澄んだ水の中を鯉が気持ちよさそうに泳いでいました。

 

 公園の周りには古い街並みも残っています。

 

 miyamoto

 

帰りに公園のすぐ近くの「みやもと」屋さんでいちご大福を買いました。とてもおいしかったです。

daihuku

 

つくばラーメンフェスタ 2013

wpid-7572ed761[1]

10月12(土)~14(月・祝) つくば市役所・西側駐車場 ※入場無料

■ 問合せ先 つくばラーメンフェスタ実行委員会 TEL029-879-8200

■ 会場住所 茨城県つくば市刈間2530-2

昨年、初開催にして8万人もの来場者を集めて話題となった、
siryou035[1]

ラーメンの一大フェスティバル。

f3f7a67c[1]

つくば市役所の西側駐車場に設けられた特設会場に、

20061207_3[1]

県内外から13の人気ラーメン店が集結し、

DSC07065[1]

渾身の一杯を振る舞う。

また期間中は、音楽ライブやダンスショー、

srf2010[1]

つくば市の特産品販売など催しも盛りだくさん。

今年も渋滞が予想されるので、

お出かけはお早めに。

<つくばラーメンフェスタ> ⇒   http://www.tsukuba-ramen.com/

<プラザ荒川沖> ⇒  http://www.arakawaoki.co.jp/

『 マックポテト 』 食べ放題の様子

マクドナルド

育ち盛りの中学生、、

食いしん坊諸君が、

なんと、一日で全部食べきったそうです!!

注) 大人はマネしないように、、。。

PS……. なぜ、こんなにも ” メガネ ” をかけている子供たちが多いのか??

http://www.arakawaoki.co.jp

【安全で高品質ないばらきの食をご紹介します。】

荒川沖の野菜

『 農業王国 いばらき 』

茨城の風土から生まれる野菜、メロンをはじめとするフルーツ。

納豆やほしいもまで、四季折々の味が茨城にはたくさんあります!

また、全国でも屈指の名ブランド常陸牛。

あんこうやかつおなどの海の幸。

茨城で腹いっぱい、うまいもんを食べよう!!

http://www.ibaraki-shokusai.net/

 

 

 

納豆のおいしい食べ方とは、、

納豆ごはん

今日は、「おすすめの納豆の食べ方」を紹介させてください。

1.そのまま食べるのが一番

なんといっても「からし」と「しょうゆ」を少し加えそのままご飯と一緒に食べるのがいちばんおいしいのではないでしょうか。シンプルですが、納豆の味をストレートに楽しむことができます。

2.意外と合います【マヨネーズ】

マヨネーズが意外と合います。醤油を少し加えるとより深みがでます。

3.卵と一緒に

卵を納豆にいれ醤油をかけてかき混ぜて食べる。

4.カレーと一緒

カレーと一緒に食べる。作り方は簡単。普通にカレーを作ります。納豆とたれを和えておきます。これをカレーと一緒にご飯にのせて出来上がり。某カレーチェーン店のメニューにもあります。(茨城だけではないと思いますが??)

5.キムチ納豆

キムチを入れて食べる。キムチを入れて混ぜるだけ。実に簡単!キムチの辛さと納豆の香りがミックスされなんともいえない味になります。これ絶対お勧めです。

6.なめ茸をいれて

なめ茸を入れるとおいしいです。納豆は粒納豆でもひき割り納豆でもOKです。

7.ネギとカラシでシンプルに

小口切りのネギとカラシで和えて醤油を加えてシンプルに食べる。

8.オクラを入れます

オクラはまな板に並べて塩を掛け、手の平で転がすように板ずりをしオクラの繊毛を取ります。その後、熱湯に塩ごと入れてゆで、水に取ります。粗熱が取れたらガクを切り落とし、約5ミリ幅に切って入れて食べる。

納豆21今後、納豆を使った「アイディア料理」の紹介も予定しています。

今度は、是非あなただけのおすすめレシピを教えてくださいね!!

それじゃあ、またね、、、。

http://www.arakawaoki.co.jp

日本初の本格的ソーセージを製造したのは、茨城県人だった。

ソーセージ21『 ドイツの職人から伝授された本場のレシピ 』

お弁当に、ビールのおつまみにと、いまや日常的な食べ物となったソーセージ。

美味しくて栄養価が高く価格もリーズナブルと、三拍子揃った食肉加工品として幅広い人気を得ています。もちろん現在は全国的に普及しているソーセージですが、

日本で初めて本格的なドイツ式ソーセージを製造したのは、

茨城県出身の飯田吉英(いいだ・よしふさ)という人物でした。

飯田

< 飯田吉英 >

ソーセージの製造が行われたのは1918年(大正7年)の2月。しかしそこには、少し意外な人物が関わっています。それは、捕虜として収容されていたドイツ兵です。当時、第一世界対戦に参戦していた日本には多くの捕虜収容所があり、多くのドイツ兵が収容されていました。そこに着目したのが、畜産試験場で食肉加工の研究を行っていた飯田吉英です。彼は千葉県の習志野捕虜収容所と連絡を取り、ソーセージの製造方法を教えてくれるドイツ兵を探しました。そして出会ったのが、ドイツで食肉加工業を営むカールヤーンです。カールヤーンは食肉加工技術学校を卒業したソーセージ技術職人。一緒に捕虜となっている4人のソーセージ職人と、収容所内でもソーセージづくりを行っていました。

製造所
 しかし、ソーセージの製造法を教えてもらうことは簡単ではなかったようです。
ドイツのソーセージ技術職人にとって、その製造方法は秘伝中の秘伝。
代々伝わるレシピを他人に教えるわけにはいきません。
しかし、吉英の熱意が届いたのか、
カールヤーンは本格的なドイツ式ソーセージの製造方法を伝授してくれました。
吉英はここで学んだ技術を、講習会などを通して全国の食肉加工業者に広めていきます。
これ以降、国産ソーセージが定着することとなりました。

いばらきの郷土料理 『 けんちんそば 』

けんちんそば

茨城県人ならば、当たり前のように食べている

『 けんちんそば 』。

でも、このけんちんそばが、

茨城の郷土料理だということは、あまり知られていないようです。

秋の野菜をふんだんに入れたけんちん汁と、深い味わいのそばは相性も抜群。

かけそばでも、つけそばでも美味しくいただけます。

まさに、茨城の豊かな自然が凝縮された味わいですね!