春本番ですね

まだ寒暖の差はありますが、だいぶ暖かくなってきましたね。

ロビーと入口の花 001

 

気がつけばもうすぐゴールデンウィーク!

茨城県南部へのお出掛けで、ご宿泊のお考えの際は

ぜひ当ホテルに、お気軽にご連絡を下さいませ。

※館内ルームメイクスタッフ募集中です。詳しくはお電話にてご説明します。

ハッピーバレンタイン!

本日は、バレンタインデーですね。

ほんの気持ちではありますが、宿泊のお客様へ「チョコレート」デザインのミニハンドタオルをチョコタオル 002プレゼント♪

 

お渡ししているフロントの者が、♂スタッフなのは申し訳ありませんでした。・・・グッスン

新年明けましておめでとうございます

いよいよ年が明け、2017年1月となり新しい年が始まりました。

ビジネスホテル プラザ荒川沖は、初めての年始営業となっております。

皆さんにとって少しでもお役立ちができればと、常に試行錯誤しております。

どうぞ、今年一年もよろしくお願い致します。

CIMG4622

 

 

 

 

いよいよ、寒さも本番になりました。

今年も残すところあとわずか。

皆様、いろいろと慌ただしくお過ごしかと思います。

皆様に少しでも快適にご利用いただければと、男女別々のアメニティセットを、

お渡ししております。

館内にある自慢の大浴場にて、ゆっくりと温まっていただき疲れを癒していただければと

思っております。

7322A071000000366

超限定のお部屋のご案内です

皆様初夏の頃いかがお過ごしでしょうか

この度、当ホテルでは特別限定部屋をご用意致しました

その名も「レディースルーム」

女性のお客様限定の特別プラン部屋です

「え?これプラザ荒川沖?」と思ってしまう、お洒落なお部屋に仕上げました

これですladiesroom

ladiesroom2

いかがですか?

プラザ荒川沖の雰囲気ではないような素敵なお部屋です

ただし、このお部屋は「限定1部屋」になりますので、お取りできないことも多くあります

御予約も「お電話もしくはフロント直接御予約のみ」

という超々限定部屋となりますのでお気を付け下さい

皆様のご予約をお待ち申し上げております

 

より快適にお過ごしいただくために・・・

こんにちは

プラザ荒川沖でございます

本日は立春。

これから暖かくなって来てくれればよいですね

 さて、プラザ荒川沖ではこの度「エアリフレッシャー」を全室に設置させて頂きます

IMAG0071

香りの残らないタイプですので

衣料にも使えます。是非ご利用下さい。

 

新年明けましておめでとうございます

 新春の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。

平素は格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。

本年も常磐線荒川沖駅前徒歩2分「プラザ荒川沖」を宜しくお願い致します

IMG_2023

大浴場も綺麗にしてお待ち申し上げております。

 

大浴場綺麗になりました

いつもご利用ありがとうございます

待ちに待った大浴場が綺麗になって戻って参りました!

秋も中盤を迎え、いよいよ肌寒くなってきました

お仕事の疲れをごゆっくりと癒して頂けたらと思います

お時間入れ替え制ですので、入浴時間前のチェックインをされますと通になるかも?

以下入浴時間

男性  19:30~21:00 22:30~24:00

女性  18:00~19:30 21:00~22:30

ご利用お待ち申し上げております

 

daiyoku

20周年!

 

 

 

 

20周年JPG

ホテルプラザ荒川沖は1995年オープン以来、おかげさまで20年になります

常磐線荒川沖駅西口、徒歩1分の好立地に大浴場完備。

館内リニューアルもされ、気持ちよくご宿泊できるホテルとして今後とも精進してスタッフ一同頑張っていきます。

今後ともご利用のほどよろしくおねがいいたします。

 

身近な酉の市(阿見町)

阿彌神社(阿見町)酉の市にて

 

当ホテルから阿見町方面へクルマで10分弱―阿彌神社の酉の市に行ってきた。もちろん、商売繁盛を祈願して熊手を買うためである。

 

正面の鳥居から本殿までおよそ200メートルであるが、その本殿に向かってすぐ右手に熊手を売る店があった。屋号「栄商」さんである。年配のご主人と、そのほかに揃いの半纏を着た若衆が数人に加えてきれいな娘さんもいる。正に活気に満ちているという、こういう雰囲気がとても好きだ。

 tori1

熊手のサイズはいろいろとある。もちろん、値段は大きさによる。店の中でもひときわ目を引くのが正面奥に飾ってある特大サイズのもので、値段は50万円もするという。しかも、すでに売約済みでることに重ねて驚いた。それでも、昔はもっと大きな熊手があったそうだ(今ではあまりに大きなものは職人が作らなくなったとのこと)。

 tori3

さすがに50万円というわけにはいかないが、手ごろな大きさの熊手を手に入れた。すると、栄商の皆さんが拍子木を使って手締めをしてくれる。それがなんとも気持ちよい。

 tori2

栄商さんはこれから三の酉(27日)に合わせて浅草に向かうというが、来年もこの地に来てくれるという。ぜひ来年も熊手を購入したいと思った。