★歴代 梅むすめ大使 148人 集う!!

「水戸の梅まつり」開催期間中に観梅客を案内する「梅大使(梅むすめ)」が今年で50代目となるのを記念した式典「歴代梅むすめ・梅大使の集い」が25日、水戸市緑町の県立青少年会館で開かれた。当時の着物などを着用した70代から20代の女性148人が一堂に会し、会場を華やかに彩った。

「水戸の梅むすめ」は1963年に誕生し、男性の応募も可能となった2001年からは「水戸の梅大使」と名称を変更。過去に男性が選ばれたことはなく、これまで約500人の女性が梅むすめや梅大使として、観光PRなどの大役を務めている

『マカロニ&チーズ』の簡単レシピ

※米国の定番グラタン料理です!!

ポイントは、マカロニなどのパスタを牛乳でゆでること。マカロニをゆでている間に出るでんぷんによって、牛乳にとろみが生まれます。この牛乳にハーブやスパイス、チーズを加えて味付けしたベシャメルソースは、マカロニと絡みやすいそう。ブログ「Heavenly Homemakers」では、パスタを牛乳でゆで、ここに直接チーズを加える方法を紹介していますが、ゆであがったパスタをいったん取り出し、ソースの味を整えてからパスタと絡めてもOKです。

プロセスは至ってシンプルなので、クリーム系のパスタがお好きな方は、ぜひお試しを。

” ほしいも学校 ” が、グッドデザイン賞 

 

茨城県・ひたちなか及び東海地域で生産される干し芋を、あらゆる角度から分析・研究し、干し芋を通して人の営みと環境を考え、未来へと繋ぐプロジェクトです。

このプロジェクトには、6つの目的があります

1.地域の人々を繋ぐコミュニケーションの場となる。
2.本の出版や商品開発の場となる。
3.ワークショップなどの教育の場となる。
4.地域の情報を広く知らしめる広報の場となる。
5.日本の農業、そして食育を考える場となる。
6.地域の人々の志気を高め、後継者をつくる場となる。

 

なぜ、田舎で起業するのか?

 【 アイデアは「場」が生み出す 】

「新しい開発スタイルを模索していた」と三三の寺田親弘社長が語るように、米シリコンバレーのエンジニアは場所に縛られないフレキシブルな働き方をしている。それが自由な発想やイノベーションにつながっていると言っても過言ではない。

三三の企業理念の1つは「顧客の働き方に革新を起こすこと」。その理念を体現し、新しい働き方を模索するために、自然豊かな神山町での「神山ラボ」の開設を決めたわけだ。その決断には、ひと月3万円前後の家賃と、神山町の全戸に光回線が整備されていたことも大きい。

もう1つは、グリーンバレーの存在だ。都会の人間が移り住む際に、地元住民との軋轢が生じることは少なくない。だが、グリーンバレーが地域社会との橋渡しをするうえに、空き家の斡旋や不在時の鍵の管理なども手厚い。

グリーンバレーが作り出す「場」に共感し、盛り上げたいと考える企業も少なくない。

神山町では様々な背景を持つ人々が集まりつつある。2008年以降、神山町にはパン屋やウェブ技術者、映像作家など約70人が移り住んだ。

実は、グリーンバレーは移住希望者を先着順で受け入れるのではなく、神山町が必要とする人材を逆指名するという手法を取っている。それも、重視するのは手に職があるかどうか。少子化と高齢化に直面する神山町に必要なのは若者と子供だが、町内に雇用の場は限られているためだ。

「人が来れば、アイデアや考えが必ず残る」と大南信也理事長が語るように、グリーンバレーは技能を持つ移住者と地域住民、都会で働く技術者が交流することで、新しい事業やサービスを生み出そうとしている。「その流れの中に飛び込みたいと思った」とローカルアクションの平松玲社長は言う。

イベントのように、モノを中心としたシステムは飽きがくるかもしれないが、人を適度に循環させておけば、継続的に新しい何かが生み出せる。神山町で相次ぐ起業ラッシュは、過疎化に苦しむ地域社会に1つのヒントを与えている。

 

茨城県つくば市で古代土器 発見!!

2012年2月24日(金)
つくば島名熊の山遺跡で墨書土器860点 東日本初の「尋」木簡も

県教育財団は23日、つくば市島名の島名熊の山遺跡の発掘調査で、奈良時代の集落の水場から県内最多となる約860点の墨書土器が出土したと発表した。須恵器や土師(はじ)器の坏(さかづき)や高台に「川」「西」「殿」など82種類の文字が書かれており、同財団は「屋号のようなものを示すもので、力のある主催者のもとで複数の集団が集まって祭祀(さいし)を行っていたと考えられる」と説明。また「嶋名」と書かれた土器もあり、同遺跡のある大字名が奈良時代から使われていたことが明らかになった。

墨書土器は約200平方メートルの範囲の水場でまとまって出土。さらに、そのそばにある井戸跡周辺から、布の長さを示す「長三尋(ひろ)一尺七寸」と記された木簡を発見。税として納める布に付けたと考えられる。「尋」の単位が書かれた木簡の出土は東日本では初。同財団は「朝廷が日本全体を一つの国としてまとめていたことが分かる。古代の行政システムの一端を知る貴重な手掛かり」と話した。

島名熊の山遺跡は、同市南西部を流れる東谷田川右岸の標高13〜24メートルの台地上から低地部に立地。島名・福田坪一体型特定土地区画整理事業に伴い、昨年4月から3月までに3558平方メートルを調査している。同遺跡に隣接する島名本田遺跡の調査結果も発表された。

【 荒川沖駅名の由来 】

荒川は、霞ヶ浦に注ぐ新しい川の意で氾濫を起こしやすい川の
意も含まれている。沖は広々とした田園の意もあり、それがちょうど
あてはまる土地である。

  江戸時代に沖村、沖宿としてあったものが明治初年に荒川沖村となり、
現在に至っているが途中、朝日村に属していたものが区画整理により
土浦市に統合された。

  筑波研究学園都市が出来た当時、新駅名へと話題も出たが昔ながらの
地元民の意向により現在も荒川沖の地名が引き継がれている。

荒川沖駅前ロータリー広場


【 荒川沖 】は、

茨城県県南地方に位置する。土浦市だが、つくば市や阿見町の玄関​口でもある。

上野までは、電車でも車でも60分でいける。はっきりいって便利​な通勤圏です。

 北関東エリアというよりも、首都圏の茨城エリアといったほうが​よいであろう。

あみプレミアム・アウトレットができ、圏央道のつくば・牛久IC​も増え、研究学園都市にも近く,

これからも、より楽しみの多いエリアである

天然石張り 大型檜風呂完備!!

手足を伸ばして、一日の疲れを癒す。大型檜風呂を完備!! 檜の香りと気泡のマッサージ。和風情緒漂う坪庭・・・。 『プラザ荒川沖』の天然石張り檜風呂が、、、 、、
ハードな一日の疲れを心地よく癒します。