2012年5月21日 金環日食を茨城で見よう!!

2012年5月21日、いよいよ金環日食が観測できる日がやってきます。

金環日食は、太陽の手前を月が横切ることで一部が隠れ、太陽が欠けて見える「日食」の中でも特に珍しく、太陽の内側に月が完全に入り込み、太陽が細いリングのように見えるという天文現象です。

日本国内では、1987年9月23日の沖縄金環日食以来25年ぶり、首都圏近郊で観測できるのは1839年9月7日以来、実に173年ぶりのことなのです。
今回を見逃すと、次は2030年6月1日の北海道となり、首都圏で観測できるのは、なんと300年後の2312年4月8日になってしまいます。

一生に一度あるかないかの天体ショー、ぜひ茨城で観測してみませんか!?

今回は東京、大阪、名古屋など、太平洋側を中心に本州でも広く観測でき、茨城県は全域が金環日食を見ることができるエリアに入っています。

茨城県は中心線が通る最も東端であり、沿岸などから金環日食を見るのに絶好のポジションです。茨城県は朝7時35分から37分頃に最大食を迎えます。
今回の日食で行方市や河内町では、最大で太陽の直径の97%まで太陽面上に月が入り込む予想で、金環日食が見られる時間が5分を超える場所もあります(国立天文台 天文情報センターHPより)。

金環日食についての詳しい情報は国立天文台のページをご覧ください

 

次のような誤った方法で観察を行うことは大変危険です!

・太陽をじかに見つめる
・望遠鏡や双眼鏡の使用
・サングラスをかけての観察
・色つき下敷

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>