意外な名瀑 「鳴滝」

 

茨城県で生まれ育ち、現在も日々この県で生活しているが、いつも思うことがある。

ずばり、この県は平地が多い。山間部といえるのは県の北部に集中している。その中にあって奥久慈は県下有数の観光スポットであり、日本三名瀑に数えられる袋田の滝がある。ただ、県北以外に山塊が全くないかといえばそうではなく、言わずと知れた筑波山から八郷・笠間にかけての山も意外に(?)深い。

 

過日、そんなことを考えながら石岡の市街から笠間方面へ向けて国道355号線にクルマを走らせていると、思いがけず「鳴滝」の看板を見つけた。一度は通り過ぎたが、どうしても気になった私は、すぐに道路沿いのコンビニの駐車場にクルマを停めた。

思えば、休日にこれといった予定もない。すぐにクルマを返した。そこから看板に従って走らせること15分―最後は細くて急な坂道になったが、鳴滝は県道140号線からずいぶんと奥に入った山肌に懸かっていた。滝の横の駐車スペースは木立に囲まれちょっとした深山幽谷の気配もある。祀られているお不動様の雰囲気もいい。

narusize

久しぶりに日常を忘れた30分間だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>