休館のお知らせ

 

平素は当ホテルを御利用いただき御厚情のほど、心より御礼申し上げます。

8月の12日より16日まで全館メンテナンスのため休館とさせていただきます。営業再開は17日よりとなっております。

少しづつですがリニューアルも着々と進んでおります。

今後ともホテルプラザ荒川沖をよろしくお願いいたします。

CA3A0451CA3A0450

徳育と剣道

こんにちは!

先日の雪は大変でしたね、皆様もさぞお疲れのことだったと思います。

さて、私どもの運営会社のグループには看護学校なるものがありまして、そちらに立派な武道館がございます。

tokuiku2

剣道部がございますが、7段という猛者がなんと2名もいます。

剣道合宿などでは申請いただければご利用することもできますので、是非プラザ荒川沖のご利用をお待ち申し上げております。

小手が決まってる所もどうぞ

tokuiku1

土浦看護専門学校HP

http://www.tsuchiura-kango.jp/

 

茨城県の食

こんにちは!

先日、第51回茨城県食品衛生大会に参加して参りました。

DSCF1254

私どもの茨城県では食の安全に力を入れております。

野菜、果物はもちろん、海産物、畜産etc

アンコウ鍋!納豆、メロン・・・う~んキリがありません

皆様、是非茨城県へお越しください!

お待ち申し上げております。

 

笠間稲荷で初詣

笠間稲荷神社へ初詣へ行ってきました。

 

参道です。正月三日ですが、結構な賑わいです。

 sandou

正門です。「謹賀新年」の文字が出迎えてくれました。

 seimon2

本殿です。一年の繁盛を祈願しました。

 honden

お神籤を引くと「大吉」が出ました。

 mikujihannbai

「大吉」のお神籤です。

 omikuji

正門の前は仲見世が並んでいます。

 nakamise

仲見世の「玉起屋」さんです。

 tamaki

「玉起屋」さんで招き猫を買いました。

 manekitana

皆様のお越しをお待ちしています。

manekineko

いちご大福のお土産

 

 

当ホテルの建つ土浦市には「亀城公園」という城跡があります。今日は久しぶりに訪れてみました。

hisasiburi

 

公園前の通りです。土浦駅から続いています。

 

 iriguti

 

公園の入り口です。春になると桜が満開になるのですが、この時期は少しさびしいです。

 

 hori

 

堀の水はきれいに樹木を写していました。

 

 siba

 

園内は掃除が行き届いています。かわいい柴犬に出会いました。

 

 koi

 

澄んだ水の中を鯉が気持ちよさそうに泳いでいました。

 

 公園の周りには古い街並みも残っています。

 

 miyamoto

 

帰りに公園のすぐ近くの「みやもと」屋さんでいちご大福を買いました。とてもおいしかったです。

daihuku

 

河童伝説

当ホテルから国道6号線を東京方面へ向かってクルマを走らせることしばらく、河童伝説を尋ねて牛久沼に行ってきました。

 

牛久沼のほとりに住んで生涯に数多くの河童の絵を描いたのが小川芋銭翁です。まずはその旧宅である「雲魚亭」に向かいました。国道6号線からはだいぶ入ったところにあるのですが、案内板が詳しく出ているのでさほど迷いませんでした。駐車場は6台分のスペースがあります。

 kappa1

クルマを停めるとすぐに2匹の猫が寄ってきました。たいへん人懐こくて私の足にからんでくるほどです。

 kappa2

雲魚亭です。2匹の猫はここまでついてきました。そして勝手に玄関から建物の中に入ってしまいました。暖かい場所にはすぐに反応するようです。

 kappa3

雲魚亭のすぐ近くに「河童の碑」があります。

 kappa4

カッパ松です。伝説によれば、悪さをした河童をこの松の木に縛り付けて懲らしめたそうです。

 kappa5

牛久沼の風景です。河童は本当にいるんでしょうか?

 kappa6

身近な酉の市(阿見町)

阿彌神社(阿見町)酉の市にて

 

当ホテルから阿見町方面へクルマで10分弱―阿彌神社の酉の市に行ってきた。もちろん、商売繁盛を祈願して熊手を買うためである。

 

正面の鳥居から本殿までおよそ200メートルであるが、その本殿に向かってすぐ右手に熊手を売る店があった。屋号「栄商」さんである。年配のご主人と、そのほかに揃いの半纏を着た若衆が数人に加えてきれいな娘さんもいる。正に活気に満ちているという、こういう雰囲気がとても好きだ。

 tori1

熊手のサイズはいろいろとある。もちろん、値段は大きさによる。店の中でもひときわ目を引くのが正面奥に飾ってある特大サイズのもので、値段は50万円もするという。しかも、すでに売約済みでることに重ねて驚いた。それでも、昔はもっと大きな熊手があったそうだ(今ではあまりに大きなものは職人が作らなくなったとのこと)。

 tori3

さすがに50万円というわけにはいかないが、手ごろな大きさの熊手を手に入れた。すると、栄商の皆さんが拍子木を使って手締めをしてくれる。それがなんとも気持ちよい。

 tori2

栄商さんはこれから三の酉(27日)に合わせて浅草に向かうというが、来年もこの地に来てくれるという。ぜひ来年も熊手を購入したいと思った。

意外な名瀑 「鳴滝」

 

茨城県で生まれ育ち、現在も日々この県で生活しているが、いつも思うことがある。

ずばり、この県は平地が多い。山間部といえるのは県の北部に集中している。その中にあって奥久慈は県下有数の観光スポットであり、日本三名瀑に数えられる袋田の滝がある。ただ、県北以外に山塊が全くないかといえばそうではなく、言わずと知れた筑波山から八郷・笠間にかけての山も意外に(?)深い。

 

過日、そんなことを考えながら石岡の市街から笠間方面へ向けて国道355号線にクルマを走らせていると、思いがけず「鳴滝」の看板を見つけた。一度は通り過ぎたが、どうしても気になった私は、すぐに道路沿いのコンビニの駐車場にクルマを停めた。

思えば、休日にこれといった予定もない。すぐにクルマを返した。そこから看板に従って走らせること15分―最後は細くて急な坂道になったが、鳴滝は県道140号線からずいぶんと奥に入った山肌に懸かっていた。滝の横の駐車スペースは木立に囲まれちょっとした深山幽谷の気配もある。祀られているお不動様の雰囲気もいい。

narusize

久しぶりに日常を忘れた30分間だった。

プラザ荒川沖 【大浴場のご案内】

 浴室001

当ホテル目玉の大浴場をご紹介致します。

ビジネスや、レジャー観光での

一日の疲れを心地よ~く大浴場で癒して下さい。

詳しくは公式ホームページでご覧いただけます。

http://www.arakawaoki.co.jp/bath/

本日、土浦花火大会は開催します! 

大浴場1

第82回 土浦全国花火競技大会は予定通り10月5日開催されます。(雨天決行)

<花火会場>・・・・桜川畔 ( 学園大橋付近 ) 18:00~20:30頃まで

土浦駅西口より会場まで徒歩20分です。

JR荒川沖駅ー土浦駅まで (電車5分)

プラザ荒川沖にご宿泊の皆様、お気を付けておいで下さいませ。

本日に限り、13:00~ チェックイン可能です。

また、お荷物等のお預かりも致します。

access[1]

※ご宿泊者の方のみ駐車代は無料です!

また、ご宿泊者のキャンセルのご連絡は、

必ず早めにお願い致します。

本日に限り、

花火大会でご宿泊予約のお客様からはキャンセル料はいただきません。

【プラザ荒川沖より ちょっと、一言】

『本日は、雨が予想されておりますが大会は開催いたします。
開催時間中は降雨と気温の低下が予想されておりますので、
雨具と防寒対策を行っていただきますようお願いいたします。』

くれぐれも、お気をつけておいで下さいませ!

茨城県土浦市中荒川沖町3-4 TEL029-843-4180

<プラザ荒川沖> ⇒ http://www.arakawaoki.co.jp/