身近な酉の市(阿見町)

阿彌神社(阿見町)酉の市にて

 

当ホテルから阿見町方面へクルマで10分弱―阿彌神社の酉の市に行ってきた。もちろん、商売繁盛を祈願して熊手を買うためである。

 

正面の鳥居から本殿までおよそ200メートルであるが、その本殿に向かってすぐ右手に熊手を売る店があった。屋号「栄商」さんである。年配のご主人と、そのほかに揃いの半纏を着た若衆が数人に加えてきれいな娘さんもいる。正に活気に満ちているという、こういう雰囲気がとても好きだ。

 tori1

熊手のサイズはいろいろとある。もちろん、値段は大きさによる。店の中でもひときわ目を引くのが正面奥に飾ってある特大サイズのもので、値段は50万円もするという。しかも、すでに売約済みでることに重ねて驚いた。それでも、昔はもっと大きな熊手があったそうだ(今ではあまりに大きなものは職人が作らなくなったとのこと)。

 tori3

さすがに50万円というわけにはいかないが、手ごろな大きさの熊手を手に入れた。すると、栄商の皆さんが拍子木を使って手締めをしてくれる。それがなんとも気持ちよい。

 tori2

栄商さんはこれから三の酉(27日)に合わせて浅草に向かうというが、来年もこの地に来てくれるという。ぜひ来年も熊手を購入したいと思った。

意外な名瀑 「鳴滝」

 

茨城県で生まれ育ち、現在も日々この県で生活しているが、いつも思うことがある。

ずばり、この県は平地が多い。山間部といえるのは県の北部に集中している。その中にあって奥久慈は県下有数の観光スポットであり、日本三名瀑に数えられる袋田の滝がある。ただ、県北以外に山塊が全くないかといえばそうではなく、言わずと知れた筑波山から八郷・笠間にかけての山も意外に(?)深い。

 

過日、そんなことを考えながら石岡の市街から笠間方面へ向けて国道355号線にクルマを走らせていると、思いがけず「鳴滝」の看板を見つけた。一度は通り過ぎたが、どうしても気になった私は、すぐに道路沿いのコンビニの駐車場にクルマを停めた。

思えば、休日にこれといった予定もない。すぐにクルマを返した。そこから看板に従って走らせること15分―最後は細くて急な坂道になったが、鳴滝は県道140号線からずいぶんと奥に入った山肌に懸かっていた。滝の横の駐車スペースは木立に囲まれちょっとした深山幽谷の気配もある。祀られているお不動様の雰囲気もいい。

narusize

久しぶりに日常を忘れた30分間だった。

プラザ荒川沖 【大浴場のご案内】

 浴室001

当ホテル目玉の大浴場をご紹介致します。

ビジネスや、レジャー観光での

一日の疲れを心地よ~く大浴場で癒して下さい。

詳しくは公式ホームページでご覧いただけます。

http://www.arakawaoki.co.jp/bath/

本日、土浦花火大会は開催します! 

大浴場1

第82回 土浦全国花火競技大会は予定通り10月5日開催されます。(雨天決行)

<花火会場>・・・・桜川畔 ( 学園大橋付近 ) 18:00~20:30頃まで

土浦駅西口より会場まで徒歩20分です。

JR荒川沖駅ー土浦駅まで (電車5分)

プラザ荒川沖にご宿泊の皆様、お気を付けておいで下さいませ。

本日に限り、13:00~ チェックイン可能です。

また、お荷物等のお預かりも致します。

access[1]

※ご宿泊者の方のみ駐車代は無料です!

また、ご宿泊者のキャンセルのご連絡は、

必ず早めにお願い致します。

本日に限り、

花火大会でご宿泊予約のお客様からはキャンセル料はいただきません。

【プラザ荒川沖より ちょっと、一言】

『本日は、雨が予想されておりますが大会は開催いたします。
開催時間中は降雨と気温の低下が予想されておりますので、
雨具と防寒対策を行っていただきますようお願いいたします。』

くれぐれも、お気をつけておいで下さいませ!

茨城県土浦市中荒川沖町3-4 TEL029-843-4180

<プラザ荒川沖> ⇒ http://www.arakawaoki.co.jp/

【 ニーチェが残した7つの言葉 】

ae9e7c48[1]

ビジネスパーソンの指針になりそうなので、

ちょっと、ピックアップしてみました。

ニーチェの名が今なお世界的に知られているのは、

彼の洞察力が鋭いからである。

急所を突くような鋭い視点、力強い生気、不屈の魂、

高みを目指す意志が新しい名文句とも言える短文で発せられるから、

多くの人の耳と心に残るのである。

「己について」「喜について」「生について」「心について」「友について」「世について」「人について」「愛について」「知について」「美について」と、

テーマごとに分けられた書に目を通してみれば、その魅力はすぐにわかるはず。

初版が発行されたのは2010年の1月ですが、

すでに110万部を突破しているという事実にも充分納得できます。

己について」から7つをを引き出してみましょう。

 1.自分への尊厳

自分はたいしたことがない人間だなんて思ってはならない。

それは、自分の行動や考え方をがんじがらめに縛ってしまうようなことだからだ。

そうではなく、最初に自分を尊敬することから始めよう。

まだ何もしていない自分を、まだ実積のない自分を、人間として尊敬するんだ。(中略) それは自分の可能性を大きく開拓し、それをなしとげるにふさわしい力を与えることになる。

自分の人生をまっとうさせるために、まずは自分を尊敬しよう。

(『力への意志』より)

2.自分を知る

自分についてごまかしたり、自分に嘘をついたりしてやりすごすべきではない。

自分に対してはいつも誠実であり、自分がいったいどういう人間なのか、

どういう心の癖があり、どういう考え方や反応をするのか、よく知っておくべきだ。

(『曙光』より)

3.自分を遠くから

おおかたの人間は、自分に甘く、他人に厳しい。

どうしてそうなるかというと、

自分を見るときにはあまりに近くの距離から自分を見ているからだ。

そして、他人を見るときは、あまりにも遠くの距離から輪郭をぼんやりと見ているからなのだ。

この距離の取り方を反対にしてじっくりと観察するようになれば、

他人はそれほど非難すべき存在ではないし、

自分はそれほど甘く許容すべき存在ではないということがわかってくるはずだ。

(『さまざまな意見と箴言』より)

4.行動で示せ

人から信じてもらいたければ、言葉で自己を強調するのではなく、行動で示すしかない。

しかも、のっぴきならない状況での真摯な行動のみが、人の信に訴えるのだ。

(『漂泊者とその影』より)

5.自分を見つけたい人に

自分がどういう者であるか理解したい人は、

次のような問いを自分に向け、真摯に答えてみればいい。

これまで自分が真実に愛したものは何であったか?

自分の魂を高みに上げたものが何であったか?

何が自分の心を満たし喜ばせたか?

これまでにどういうものに自分は夢中になったか?

これらの問いに答えたとき、自分の本質が明らかになるだろう。

それがあなた自身だ。

(『ショーペンハウアー』より)

6.機嫌よく生きるコツ

不機嫌になる大きな理由の一つは、

自分のなしたこと、自分の産んだことが人の役に立っていないと感じることだ。

だから、不機嫌な老人がいる。

一方で輝く青春の真っ只中にいる若い人たちが不機嫌なのは、

自分が社会の中で生産的な存在になることがまだなかなか難しいからでもある。

したがって、いつも機嫌よく生きていくコツは、

人の助けになるか、誰かの役に立つことだ。

そのことで自分という存在の意味が実感され、これが純粋な喜びになる。

(『人間的な、あまりに人間的な』より)

7.「~のために」行わない

どれほど良いことに見えても、「〜のために」行うことは、卑しく貪欲なことだ。

誰々のためにであろうとも、何々のためにであろうとも、

それが失敗したと思えるときには相手、

もしくは事情や何かのせいにする心が生まれるし、

うまくいったと思えるときには自分の手柄だとする慢心が生まれるからだ。

つまり、本当は自分のためにだけ行っているのだ。

けれど、純粋に能動的な愛から行われるときには、

「〜のために」という言葉も出てくることはない。

(『ツァラトゥストラはかく語りき』より)

このようにひとつひとつが簡潔で、しかもどこからでも読めるため、

ちょっと時間ができたときに開いてみるには最適。

7つの言葉

なにげなく開いたページから、

思いもよらないヒントを見つけ出すことができるかもしれません。

装丁も美しく、ずっと手元に置いておきたいと感じさせてくれる一冊。

きっと役に立つはずです。

<プラザ荒川沖> ⇒  http://www.arakawaoki.co.jp/

 

【伊勢神宮】神様の“お引っ越し”。

鳥居 (1)

鳥居 (2)

遷御の儀:森厳な雰囲気 神様の“引っ越し”粛々と

白い絹の覆いに囲まれて新正殿に向かうご神体=三重県伊勢市の伊勢神宮内宮で2013年10月2日午後8時14分(代表撮影) 
【白い絹の覆いに囲まれて新正殿に向かうご神体】
伊勢神宮(三重県伊勢市)の20年に1度の式年遷宮は、

内宮(ないくう)で平成25年10月2日夜、

天照大神(あまてらすおおみかみ)のご神体を

新しい正殿(しょうでん)にうつす「遷御(せんぎょ)の儀」が行われた。

8年かけて続けられてきた一連の祭事のクライマックス。

闇に包まれた森厳な雰囲気の中、古式にのっとった儀式は粛々と進み、

神様の“引っ越し”は無事に終了した。

参拝

外宮(げくう)の遷御は5日夜に行われる。

午後8時前、内宮の新旧両社殿の前は明かりが全て消された。

神職が鶏の鳴き声をまねて「カケコウ」と3度唱える

「鶏鳴三声(けいめいさんせい)」を合図に、

元皇族の黒田清子(さやこ)臨時祭主(44)や、

鷹司尚武(たかつかさ・なおたけ)大宮司をはじめとする

遷宮装束姿の神職百数十人の「渡御御列(とぎょぎょれつ)」が旧社殿から姿を現した。

列の中央では、神職らが「絹垣(きんがい)」と呼ばれる

絹の覆いに囲まれたご神体「八咫鏡(やたのかがみ)」をささげ持つ。

たいまつの明かりをたよりに約20分かけ、

ゆっくりと歩を進めた列は、旧正殿の西隣に建てられた新しい正殿の方に消えた。

ご神体は新正殿に納められ、遷御の儀は終わった。

参拝2

690(持統天皇4)年に始まったとされる式年遷宮は今回で62回目。

約3000人の特別参拝者が桟敷席から見守った。

<伊勢神宮> ⇒  http://www.isejingu.or.jp/

<プラザ荒川沖> ⇒ http://www.arakawaoki.co.jp/

『 茨城マルシェが登場します!』

カツ

『 テレビ東京 L4YOU!』に、

【茨城マルシェ】が登場します!

茨城マルシェ

10月3日(木)テレビ東京 『L4YOU!』(16:00~16:52)の

「都内で巡る!美味・驚き人気地方グルメ」コーナーで

三井ゆり

茨城マルシェが紹介される予定です!!

三井ゆり21

三井ゆりさんが、納豆とんかつなどを紹介してくださいますよ~!

どうぞお楽しみに(^-^)/

<茨城マルシェ> ⇒ http://ibarakimarche.com/

<プラザ荒川沖> ⇒ http://www.arakawaoki.co.jp/

【 茨城空港から、京都へ行こう。 】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

<茨城-神戸便>に乗れば、

茨城から神戸はわずか1時間25分。

茨城空港

空港から神戸の中心・三宮までは、空港のロビーと直結したポートライナーで18分。

電車

そこから京都までは、わずか50分で行くことができます。

けっこう近いと感じた方も多いのでは??

京都タワー

そんな京都の紅葉の見ごろは、

毎年11月中旬~12月上旬頃のところが多いです。(気候にもよりますが。)

鳥居

さらに、今年は残暑の影響で、例年よりも色付きがよいとのこと。

清水

これからの季節に、茨城空港から錦秋の京都への旅はいかがでし…ょうか♪

【茨城空港からのツアー情報は】
http://www.ibaraki-airport.net/tour/index.html

<プラザ荒川沖> ⇒ http://www.arakawaoki.co.jp/

【東京国体】頑張れ!茨城選手団。

SANYO DIGITAL CAMERA

【東京国体セーリング競技開催中!】

茨城県は、

実は、、

全国でも屈指の歴史あるセーリング王国なのです。

光セーリング

全国第2位の広さの霞ヶ浦を中心に、

団体

高校生・大学生などのセーリング競技が盛んです。

女子2

現在、東京国体が東京湾で開催中です。

朝日セーリング

『目指せ、全国制覇!!』

<プラザ荒川沖> ⇒ http://www.arakawaoki.co.jp/

 

愛してんなら態度で示せよ!

虎次郎

思ってるだけで何もしないんじゃな、

愛してないのと同じなんだよ。

おまえの気持ちを相手に通じさせなきゃ。

愛してんなら態度で示せよ。

『男はつらいよ』 より 。。

<プラザ荒川沖> ⇒ http://www.arakawaoki.co.jp/