イオンモールつくば 【 限定祭 】

イオンつくば

オンモールつくば開業半年を記念し、

イオン筑波店

  9/13(金)~9/23(月・祝)の期間、

限定祭りセール画像[1]

只今、“イオンモールつくば限定祭”を開催中です! 

レストラン

JR荒川沖駅より 車8分です!

<イオンモールつくば> ⇒    http://tsukuba-aeonmall.com/

<プラザ荒川沖> ⇒  http://www.arakawaoki.co.jp/

 

【 つくばエキスポセンター 】

p_main[1]
つくばエキスポセンターでは、
9月7日よりオリジナルプラネタリウム番組
「宇宙大旅行」が上映されています.。
241c9e04b53921493a2d3566355a6720[1]
日本有数の大きさを誇るプラネタリウム。
Poster-16-B3-CS3
視界いっぱいの星空をぬうように、
宇宙船に乗って太陽系を移動するシーンに、
 思わず「おお!」となりますよ。
つくばエキスポセンターのプラネタリウムは、
臨場感のある美しい星空を再現する光学式プラネタリウム
「INFINIUM L」とダイナミックな映像を世界最大級のドーム全体に展開できる
全天周CG投影システム「SKYMAX DSⅡ-R2」を完全統合し、
豊かな演出を可能にした統合型のプラネタリウムシステムで
子どもから大人までお楽しみ頂ける番組を上映しています。
<つくばエキスポセンター> ⇒   http://www.expocenter.or.jp/
住所:茨城県つくば市吾妻2-9      JR荒川沖駅 西口よりバス15分
開館時間:9:50~17:00(入館は16:30まで)
※原則毎週月曜日・月末最終火曜日・年末年始・臨時休館あり
<プラザ荒川沖> ⇒ http://www.arakawaoki.co.jp/

ショッパークラブ<感謝祭>2013

犬と海の散歩

“ ショッパークラブ会員様限定 ”

【 あみプレミアム・アウトレット 】 9/13 (金) ~ 9/23 (月・祝)

423604788_642[1]

お得がいっぱいの11日間!

image02_130501-thumb-568x501-1915[1]

オータムコーディネートのポイントにかかせない、

Free-shipping-High-heel-font-b-shoes-b-font-woman-autumn-summer-slim-wedge-platfrom-sneakers[1]

豊富なシューズをアウトレットで賢くお得に!!

公園歩道

〒300-1155  茨城県稲敷郡阿見町大字吉原2700    TEL 029-829-5770

JR荒川沖駅前より シャトルバス運行中です。

<あみプレミアム・アウトレット> ⇒  http://www.premiumoutlets.co.jp/ami/

<プラザ荒川沖> ⇒ http://www.arakawaoki.co.jp/

 

“里山とレトロ”のロマンチック紀行

mizunochiharu_5[1]

ナビゲーターの水野ちはるさんが

茨城県の四季折々のとっておきの「旬」を

毎回違った最新モ­デルのバイクで巡り、

mizuno2_08[1]

知られざる魅力的なツーリングコースを紹介!

■■■ 今回のバイク ■■■

「 ホンダ CTX700N 」
<今回のツーリングコース>

真壁城跡(桜川市)→駒村清明堂(石岡市)→泰寧寺(石岡市)

mizuno2_04[1]

<水野ちはるツーリング> ⇒  http://youtu.be/AcnJHjMN8WI

<プラザ荒川沖> ⇒ http://www.arakawaoki.co.jp/

幻のぶどう 『 常陸青龍 』。

img_611531_17514385_0[1]

茨城県常陸太田市は、

ぶどうの産地として知られ、現在主力の「巨峰」などのほかに
main_img[1]

「常陸青龍」といったオリジナルのぶどうを売出し中。

見た目はマスカットのようですが、

巨峰と比べ甘みが強く酸味が少ないため、

みずみずし­い甘さが口いっぱいに広がるのが特徴のぶどう。

 

o0375050012133654617[1]

また、「常陸青龍」は首都圏では、

ほとんど販売されていないことから
DSC_0071-s[1]

「幻のぶどう」と呼ばれ、

常陸太田でしか食べられないレアな品種です

発する校門

あなたも、

この時期だけの

「常陸青龍」を味わってみてはいかがですか?

<幻のぶどう・常陸青龍 > ⇒ http://youtu.be/NaCcg11Shlk

<プラザ荒川沖> ⇒ http://www.arakawaoki.co.jp/

茨城は日本一の栗の生産地です。

yun_6537[1]

茨城県は、

栽培面積・生産量とも全国第1位を誇る栗の生産地です。
kuri03[1]

 

栗の歴史はとても古く、縄文時代の遺跡からも多くの栗が出土しているそうです。
P9130735[1]

 

茨城県では明治30年頃から栽培が始まったとされており、

主な産地は、

笠間市・かすみがうら市・石岡市などで、

 

ku5q2433[1]

081017namimatu2_l[1]

 

他にも県内各地で広く栽培されています。
resipi043[1]

 

そのまま茹でて食べてもよし、新米でくりごはんにすれば季節感もたっぷり。

渋皮煮や甘露煮などにすれば、

スウィーツとしても楽しめる栗。
2237[1]

秋の味覚の代表格、

日本一の茨城の栗をぜひご賞味ください。

<茨城の栗> ⇒ http://www.ibaraki-shokusai.net/season/season7.cfm

<プラザ荒川沖> ⇒ http://www.arakawaoki.co.jp/

 

 

 

売れるコピーを書く10の方法

ペンとノート

1. とにかく書け

2. もっと書け

3. もっともっと書け

4. さらに、もっと書け

5. 書きたくない時も書け

6. 書きたい時はどんどん書け

7. 何か言いたい時は書け

8. 何も言いたくなくても書け

9. 毎日書け

10. 書き続けろ

この10 の秘訣を見て、

「その通り!」と膝を叩いた方もいれば、

単純過ぎて拍子抜けしてしまった方もいることでしょう。

もちろん、

ただ書いていれば良いというものではなく、

“ 読者目線で考えられる観点を身につけること ” が一番大事なのですが

でも、

8割以上の人は

コピーの方法

何をするにしても知識やテクニックばかりを求めて、

肝心の「実践」をしない。

そう、本当の実力は

「実践」以外に伸びる道はない。

どの世界でも、

Exif_JPEG_PICTURE

毎日コツコツと努力を積み重ねられる人には、

追い抜かれてしまう。

「自分には時間がない。才能がない。経験がない。」と、

嘆いている暇があるのなら、

Exif_JPEG_PICTURE

とにかく書こう。

継続は何物にも勝る財産だ。

もちろん、いかなる場合も、

コピーと女

<仮説> → <実行> → <検証> → <改善>

PDCAサイクルは忘れずに!

<プラザ荒川沖> ⇒ http://www.arakawaoki.co.jp/

<2020>東京オリンピック決定!!

IOC会長

【 TOKYO 2020 】

20130908olympic_15[1]

これから日本が元気になります!!

20130908olympic_6[1]

嬉しい

20130908olympic_2[1]

本当にうれしい!!

20130908olympic_9[1]

これからが本番です。

1186082_416402721798020_595258954_n[1]

『 頑張ろう、ニッポン!』

<東京オリンピック招致フィルム> ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=UPXA4Or0vLI

<プラザ荒川沖> ⇒ http://www.arakawaoki.co.jp/

【土浦 花火弁当】 予約受付中!

土浦花火弁当

【土浦 花火弁当】

10月5日は、

土浦の桜川湖畔で開催される第82回土浦花火競技大会ですが、

お楽しみは花火だけじゃありません!
土浦の特産品で生産量日本一のレンコン、
霞ヶ浦のワカサギ、常陸牛などの県産食材がふんだんに使われた
各店共通の三段花火筒の『花火弁当』!!
ご存知ですか? 全部で24種類。
どれもおいしそうですよ~♪…
花火のお供に『花火弁当』いかがでしょうか?
ご予約は、
土浦市観光協会のHPより
申込書をダウンロード、
希望店へお申し込みください。
<土浦花火情報>  ↓↓

http://www.ibarakiguide.jp/seasons/recommend/tsuchiura_hanabi.html

<プラザ荒川沖> ⇒ http://www.arakawaoki.co.jp/

“帆引き船”は茨城の宝です。

七色帆引き船[1]

『 霞ヶ浦観光帆引き船 』

合同操業が開催されます!

平成25年9月22日(日) 14:00(帆あげ)~15:00(帆さげ)

内容:歩崎公園沖(かすみがうら市)にて、

かすみがうら市(2艘)、行方市(2艘)、土浦市(2艘)が集まり操業します。

※天候によって中止になる場合がございます。

o0800060011213396882[1]

“ 風力を利用して網を引っ張る帆引き漁法 ”

明治13年にかすみがうら市の漁師・折本良平さんが考案。

それまで20人以上必要だった船が2人で操業できるようになり、

漁民の暮らしを大いに安定させました。

昭和40年代にはいったん廃れたものの、

観光帆引き船として復活。

霞ヶ浦沿岸の3市から遊覧船が出航し、湖上で眺めることができます。

10067348708[1]

湖面を渡る風を受け真っ白な帆をいっぱいに張って進む

「帆引き船」は息をのむほど美しく、

勇壮な姿は、、

霞ヶ浦の風物詩です。

<霞ヶ浦観光帆引き船情報>

↓↓

http://www.ibarakiguide.jp/seasons/recommend/hobikisen.html

<プラザ荒川沖> ⇒ http://www.arakawaoki.co.jp/