【土浦 花火弁当】 予約受付中!

土浦花火弁当

【土浦 花火弁当】

10月5日は、

土浦の桜川湖畔で開催される第82回土浦花火競技大会ですが、

お楽しみは花火だけじゃありません!
土浦の特産品で生産量日本一のレンコン、
霞ヶ浦のワカサギ、常陸牛などの県産食材がふんだんに使われた
各店共通の三段花火筒の『花火弁当』!!
ご存知ですか? 全部で24種類。
どれもおいしそうですよ~♪…
花火のお供に『花火弁当』いかがでしょうか?
ご予約は、
土浦市観光協会のHPより
申込書をダウンロード、
希望店へお申し込みください。
<土浦花火情報>  ↓↓

http://www.ibarakiguide.jp/seasons/recommend/tsuchiura_hanabi.html

<プラザ荒川沖> ⇒ http://www.arakawaoki.co.jp/

ちゃんと、荒川沖の場所を覚えてください!

access[1]

荒川沖は、阿見町・つくば市・土浦市への玄関口になります。

『JR上野駅より60分』

『常磐道・桜土浦ICより8分』 『圏央道・つくば牛久ICより8分』

『成田空港から車60分』

荒川沖から筑波研究学園都市まで車15分です。

下記への最寄駅となります

↓↓

★ > 陸上自衛隊 霞ヶ浦駐屯地

★ > 阿見福田工業団地

★ > 阿見香澄の里工業団地

★ > 阿見東部工業団地

★ > JRA美浦トレーニングセンター

★ > 三菱化学筑波事業所

★ > 産業技術総合研究所

★ > 筑波宇宙センター

★ > あみプレミアム・アウトレット

★ > 牛久大仏

など、、

また、

駅前

荒川沖駅周辺には、

当然、コンビニや郵便局、銀行…….

ドンキホーテ、ブックオフ、ゼビオ、マクドナルド、

ジョイフル本田、カスミストアー など、、、。。。

そろっています ( 笑 )

プラザ夕日

JR常磐線 荒川沖駅 西口徒歩1分

『 ビジネスホテル プラザ荒川沖 』

茨城県土浦市中荒川沖町3-4  TEL 029-843-4180

<プラザ荒川沖> ⇒  http://www.arakawaoki.co.jp/

日本一名前の長いバス停がつくばにあった!

バス停
 
【 産技総合研筑波東事業所つくば研究支援センター入口 】 
 
こちらは日本一名前の長いバス停で、
 
つくば市の中心地を通る学園東大通り沿いにあります。
 
学園東
 
学園東大通りは、、
 
「日本の道100選」にも選ばれている美しい道路ですよ^^ …
 
このバス停のすぐ近くには、
 
つくばセンター
 
< 産業技術総合研究所 > 
 
物質研究所
 
 < 物質材料研究所 >
 
研究
 
そして、 筑波宇宙センター http://www.jaxa.jp/ 
 
宇宙センター
 
< JAXA > があります。
 
 
洞峰公園[1]
  
 
歩いて10分ほどの場所には約20haの大きな公園、
 
 
同峰公園
 
洞峰公園があります。
 
JR常磐線 荒川沖駅 西口より バス15分です。
 
<プラザ荒川沖> ⇒ http://www.arakawaoki.co.jp/
 
 

“ 茨城 ” 『 ひたちなか海浜鉄道 』。

鉄道

磯山さやかさんが、

ひたちなか海浜鉄道に乗車して

ローカル線の旅を放送しました。

「ひたちなか海浜鉄道」は、

勝田から阿字ヶ浦を結ぶ約14キロの区間を走るローカル線。

まずは勝田駅で一日乗り放題の「フリー切符」を購入。

田舎線

車窓から田園風景や海などの景色を眺めながら、、

のんびりと途中下車の旅を楽しみます。

途中、

魚市場

那珂湊では

おさかな市場で海の幸を堪能。

また、

磯崎では話題のパワースポット

酒列磯前神社_拝殿[1]

酒列磯前神社で祈願し、

ajigaura[1]

終点の阿字ヶ浦では、

海水浴や日帰り入浴などいろいろと楽しめます。

さやか

<動画はこちら> ⇒   http://youtu.be/JhoAgcX1Riw

JR常磐線・東京駅乗り入れ!決定。“来春”

東京駅

永年の宿願であった東京駅乗り入れが来年3月開始されます。

常磐線は明治28年土浦~友部間、同29年に土浦~田端間での開通以来、

茨城県南地域のみなさんの生活路線として、

また首都東京や県都水戸等を結ぶ茨城県の大動脈として活躍してきました。
近年では、平成17年に新型車両のE531系の導入、

また特別快速の運行が開始される等、便利で快適な常磐線づくりが進められています。
環境にやさしい地域づくり、

交通体系づくりを進めていく上でも常磐線の果たす役割は大きく、

これからも茨城県南地域における未来に向けての活躍が期待されます。

東京夜

※写真は東京駅の夜景です。

フレッシュひたち

次は、横浜駅への乗り入れです!

<常磐線沿線情報>⇒http://www.jobansen.jp/ensen/kankou/index.html

<プラザ荒川沖>⇒http://www.arakawaoki.co.jp/

がんばっぺ!茨城。『 いばらきの夏まつり 』

がんばっぺ

今、茨城では祭りも熱い!!

伝統の祭りから、

ちょっと変わった “ 奇祭 ” まで目白押し。

みこし4みこし2

熱い

プラザ荒川沖は、熱い「夏祭り」を応援します!

茨城県各地の夏祭り特集⇒http://www.ibarakiguide.jp/seasons/summer/festival.html

こんな時代もありました。

たけし「友情」というのは、

こっちから向こうへ一方的に与えるもので、

向こうから得られる何かではない。

「友情」とは、自分の相手に対する気持ちだ。

北野武

ツービート  ※ 漫才から MANZAI へ  ↓↓

http://www.youtube.com/watch?v=YLySR-7EuQM

http://www.youtube.com/watch?v=s3KnfTSMKow

http://www.youtube.com/watch?v=SRi-fB_oprs&NR=1&feature=endscreen

 

レストラン 『 うはぎ 』 ~5/31まで。

皆様にご愛顧されております 『 うはぎ 』 が閉店となります。

5月27日より31日までは、ご朝食のみの営業とさせていただきます。

ご了承くださいませ。 ※レストラン内メンテナンス工事の為

尚、6月1日より レストラン 『 桑の実 』 の開店となります。

※朝食のみ 予約制となります。

引き続きまして、

ビジネスホテル 『 プラザ荒川沖 』 を、、

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

日本野球界の発展に大きく貢献する『茨城のアマチュア野球』

木内

< 茨城県人が役割を果たしたアマチュア野球の発展 >

日本アマチュア野球界の発展に貢献し『野球殿堂』入りした茨城県人がいます。

その人物とは、飛田穂洲(とびた すいしゅう/1886年~1965年)と石井藤吉郎(いしい とうきちろう/1924年~1999年)です。

200px-Suishu_Tobita[1] (2)

茨城県常澄村(現・水戸市)に生まれた穂洲さんは、水戸中学(現・水戸一高)、早稲田大学で選手として活躍。その後、早稲田大学野球部の監督に就任して多くの名選手を育て上げ、早稲田大学野球部の黄金期をつくりました。

一球

『一球入魂の碑』

監督辞任後の穂洲さんは、朝日新聞に入社し、評論や随筆を執筆。生涯を通して大学野球、中等野球(高校野球)の発展に貢献しました。その高い評価は『学生野球の父』と呼ばれたことにも表れています。穂洲さんの野球論は『一球入魂』という言葉を使うなど、精神論を大切にするもの。野球による教育効果を広めたことも、偉大な功績のひとつです。

26f1d288ba5f5b2aeeb5a1651a0cbac5[1] (2)

一方、茨城県大洗町に生まれた藤吉郎さんは、1942年(昭和17年)、文部省主催の夏の甲子園大会に茨城県立水戸商業高校のピッチャーとして出場。その後、早稲田大学野球部で4番の強打者として活躍し、6シーズン中4度の優勝に導きました。

卒業後は大昭和製紙の野球部に所属。主力打者、主将としてチームをまとめ1953年(昭和28年)都市対抗野球大会優勝、1956年(昭和31年)世界選手権大会3位入りを果たしています。    現役引退後は、茨城県立水戸商業高校、早稲田大学、全日本の監督を歴任し、選手を育てることに力をつくします。

茨城訛りの親しみ溢れる語り口と魅力的な人柄で、

たくさんの野球人から愛された藤吉郎さんは、、

「もし、プロ野球に入っていたら長嶋茂雄の前に石井藤吉郎というひとつ時代があった」とも言われた人物です。

< 甲子園で活躍する茨城の野球球児 >

日本のアマチュア野球と言えば、まず最初に思い出すのが夏の「全国高校野球選手権大会」と、春の「選抜高校野球大会」ではないでしょうか。全国から集まった高校球児たちが、甲子園球場を熱くわかせています。

そして、わが茨城県も、1984年(昭和59年)、木内幸男監督率いる茨城県立取手二高が夏の大会で優勝。その後、木内監督は常総学院高校野球部の監督に招かれ、春・夏合わせて2回の全国制覇、2回の準優勝という素晴らしい成績を修めました。

その采配は「木内マジック」と称えられ、高校野球界の名将のひとりにあげられています。

木内監督は、2003年(平成15年)に県民栄誉賞を受賞。教え子の多くがプロ野球で活躍しています。

『 阿見吉原地区 』 まちづくり構想とは、、

access[1]茨城県の「阿見吉原地区」は、都心から北東へ約50km、

筑波研究学園都市からは東へ約18km、

空の玄関口である成田国際空港までは約30kmの場所に位置する面積約161haの地区で、茨城県が計画・整備を行っています。また、近い将来の圏央道の全線開通も期待されているところです。首都圏中央連絡自動車道(通称:圏央道)「阿見東IC」に隣接し、常磐自動車道つくばJCTから約14kmおよそ10分、東関東自動車道と接続されると、

≪ 成田国際空港からは約20分と広域交通アクセスに恵まれた地区です。≫

ˆÊ’u}当地区周辺には、阿見東部工業団地、福田工業団地、筑波桂工業団地などに多数の企業が立地しております。また、東工区内にオープン中の「あみプレミアム・アウトレット」が平成23年12月に第2期増床し、交流・産業拠点としてのポテンシャルが一層高まっています。

阿見吉原地区では、こうした立地環境や水と緑あふれる自然環境を活かし、

商業・流通・生産等の多様な産業と

良好な住宅環境が調和したまちづくりを進めています。

http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/doboku/01class/class10/amiyoshiwara/