【スズメバチ】への基本対策とは、

スズメ3ひき (2)

山などへの外出が増えるこの時期こそ気を付けたいのが、

【 スズメバチ 】

特に今年は要注意だそう!

なぜなら、猛暑日が続いたことでスズメバチの餌となる虫が大量発生。

それに伴ってスズメバチも増えてくるのです。

スズメ3ひき (1)

他に、雨量が少なかったこともスズメバチが増える原因に。

台風こそあったものの、少雨ではスズメバチの巣が落下せず、

ハチの生存率が上がったと言われています。

8~10月は、巣の中にいるスズメバチの数が最大になり、かつ攻撃的になる時季!

容易に巣やハチに近付かないことはもちろん、刺されないようにするためには、

以下のことを守りましょう。

  • スズメバチは黒を攻撃する習性があるので、白の帽子や衣服などを身に着ける
  • 肌を露出しない
  • スズメバチは匂いに敏感。香水や整髪料など匂いの強い化粧品はなるべく使わないようにする
  • 甘いジュース類は飲まないようにする。飲み残しのあるペットボトルや缶を放置しない
  • 自宅では、洗濯物の中にハチが潜んでいないか注意して取り込む
  • 車の窓は開けっ放しにしない
  • スズメバチに遭遇したら、大声で騒がない。静かにその場を離れるようにする

以上のことを守っても、もし刺されてしまったらすぐに病院へ!

1168169116926[1]

「アナフィラキシーショック」は刺されてから1時間以内に発症し、急激に症状が進みます。

2度目に刺された人が必ずしも「アナフィラキシーショック」を起こすわけではありませんが、

何度も刺されるというのは絶対に避けたい状況です。

楽しいはずの行楽が思わぬトラブルに見舞われないためにも、

十分に気をつけて楽しんで下さいね。

蜂が飛ぶ

【スズメバチ】は、人にとって最も危険な生物なのです。

※スズメバチについて ↓↓

http://matome.naver.jp/odai/2130907931580717701

<プラザ荒川沖> ⇒ http://www.arakawaoki.co.jp/

めざせ、日本一のサイクリングロード整備へ!

美女21
茨城県は筑波山と霞ケ浦を巡る日本一のサイクリングロード
「水郷筑波サイクリングコース」(仮称)を整備する計画を進めている。
カモメ
首都圏に近く平坦な土地が続く県内には人気のサイクリングコースも多い。
県では関係自治体と連携し、
既存のコースと組み合わせることで「距離だけでなく、
安全性や走りやすい環境も備えた日本一のサイクリングロードを整備したい」としている。
ロード地図[1]
筑波山と霞ケ浦沿岸には、
土浦市と桜川市のJR岩瀬駅を結ぶ
山道コース[1]
「桜川土浦自転車道」(40.1km)がつくばりんりんロードや筑波自転車道の愛称で知られる。
また、土浦市から潮来市まで霞ケ浦北岸を走る
かすみロード[1]
「潮来土浦自転車道」(40.1km)も霞ケ浦自転車道の愛称で親しまれている。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
両自転車道ともに近年のサイクリングブームで、
休日には首都圏から多くのサイクリストが訪れるほか、
サイクリング目的のツアーバスもやって来るほどの人気だ。
3人車
ただ、全国的にはサイクリストによる事故も増加し、
安全なコース設定など環境整備が課題となっている。
自転車4[1]
県は両自転車道を合わせて走ると80km以上と、
イベント21
すでに全国でも有数のサイクリングコースであることに着目。
さらに霞ケ浦の1周が約136kmあることから、
南岸にもコースを整備して“日本一”のサイクリングロードを作ろうと、
今年度から4年計画で「水郷筑波サイクリング環境整備事業」に乗り出した。
今年度は県地域計画課と県道路建設課、
沿岸自治体が共同でコースを選定するほか、一般のサイクリストによる試走を検討。
4人
来年度以降は周辺地域の周遊ルートが分かる地図の作成や休憩所の整備、
コンビニエンスストアなどを活用してトイレや空気入れ設置場所の整備などを行う。
自転車21[1]
県では将来的には北浦周辺にもサイクリングロードを整備することも検討するという。
<プラザ荒川沖> ⇒ http://www.arakawaoki.co.jp/

つくばりんりんロード 

美女自転車

【つくばりんりんロード】

正式名:桜川土浦自転車道とは、、

豊かな自然と歴史に恵まれた筑波山の麓に、

筑波鉄道の廃線跡地を活用して整備された

茨城県桜川市犬田と茨城県土浦市川口を結ぶ、

りんりん

全長40.1kmの大規模自転車道です。

高低差が少なく、

全線が舗装整備されていますので、

自転車3[1]

ご家族で安心して快適なサイクリングが楽しめます。

自転車2[1]

茨城県道501号桜川土浦自転車道線は、

旧路線名は岩瀬土浦自転車道線、

現地標識では筑波自転車道の表記もみられる。

自転車4[1]

以前は筑波鉄道が走っていたが

1987年(昭和62年)3月31日限りで廃線となり、

その跡地を自転車道として整備した。

自転車21[1]

全国でも有数のサイクリングコースです。

<つくばりんりんロード> ⇒ http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/kikaku/chikei/rinrin/

<プラザ荒川沖> ⇒ http://www.arakawaoki.co.jp/