“里山とレトロ”のツーリング

ちはる2 (1)

ナビゲーターの水野ちはるさんが

茨城県の四季折々のとっておきの「旬」を

毎回違った最新モ­デルのバイクで巡り、

知られざる魅力的なツーリングコースを紹介!
ちはる2 (2)

<今回のツーリングコース>

常陸風土記の丘・御食事処 曲屋(石岡市)→JR石岡駅(石岡市)→福島屋砂糖店(石岡市)

→まち蔵藍(石岡市)→大場観光ぶどう園(石岡市)

★立ち寄り温泉スポット

06[1]

やさと温泉ゆりの郷(石岡市)

ごはん

うまそ~

<水野ちはるのご当地紹介> ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=uzIFdGls2tY

<プラザ荒川沖> ⇒ http://www.arakawaoki.co.jp/

【 いばらき 】の名刺が出来ました!

茨城県

【なめんなよ❤いばらき県の名刺完成!】

いばらきの名刺

ついに、出来上がりました。

名刺の裏面には、

『 なめんなよ ❤ いばらき県 』。

<茨城を知ろうキャンペーン中>

http://www.pref.ibaraki.jp/namennayo/namennayoindex.html

<プラザ荒川沖> ⇒ http://www.arakawaoki.co.jp/

 

 

イオンモールつくば 【 限定祭 】

イオンつくば

オンモールつくば開業半年を記念し、

イオン筑波店

  9/13(金)~9/23(月・祝)の期間、

限定祭りセール画像[1]

只今、“イオンモールつくば限定祭”を開催中です! 

レストラン

JR荒川沖駅より 車8分です!

<イオンモールつくば> ⇒    http://tsukuba-aeonmall.com/

<プラザ荒川沖> ⇒  http://www.arakawaoki.co.jp/

 

ショッパークラブ<感謝祭>2013

犬と海の散歩

“ ショッパークラブ会員様限定 ”

【 あみプレミアム・アウトレット 】 9/13 (金) ~ 9/23 (月・祝)

423604788_642[1]

お得がいっぱいの11日間!

image02_130501-thumb-568x501-1915[1]

オータムコーディネートのポイントにかかせない、

Free-shipping-High-heel-font-b-shoes-b-font-woman-autumn-summer-slim-wedge-platfrom-sneakers[1]

豊富なシューズをアウトレットで賢くお得に!!

公園歩道

〒300-1155  茨城県稲敷郡阿見町大字吉原2700    TEL 029-829-5770

JR荒川沖駅前より シャトルバス運行中です。

<あみプレミアム・アウトレット> ⇒  http://www.premiumoutlets.co.jp/ami/

<プラザ荒川沖> ⇒ http://www.arakawaoki.co.jp/

 

“帆引き船”は茨城の宝です。

七色帆引き船[1]

『 霞ヶ浦観光帆引き船 』

合同操業が開催されます!

平成25年9月22日(日) 14:00(帆あげ)~15:00(帆さげ)

内容:歩崎公園沖(かすみがうら市)にて、

かすみがうら市(2艘)、行方市(2艘)、土浦市(2艘)が集まり操業します。

※天候によって中止になる場合がございます。

o0800060011213396882[1]

“ 風力を利用して網を引っ張る帆引き漁法 ”

明治13年にかすみがうら市の漁師・折本良平さんが考案。

それまで20人以上必要だった船が2人で操業できるようになり、

漁民の暮らしを大いに安定させました。

昭和40年代にはいったん廃れたものの、

観光帆引き船として復活。

霞ヶ浦沿岸の3市から遊覧船が出航し、湖上で眺めることができます。

10067348708[1]

湖面を渡る風を受け真っ白な帆をいっぱいに張って進む

「帆引き船」は息をのむほど美しく、

勇壮な姿は、、

霞ヶ浦の風物詩です。

<霞ヶ浦観光帆引き船情報>

↓↓

http://www.ibarakiguide.jp/seasons/recommend/hobikisen.html

<プラザ荒川沖> ⇒ http://www.arakawaoki.co.jp/

日本一名前の長いバス停がつくばにあった!

バス停
 
【 産技総合研筑波東事業所つくば研究支援センター入口 】 
 
こちらは日本一名前の長いバス停で、
 
つくば市の中心地を通る学園東大通り沿いにあります。
 
学園東
 
学園東大通りは、、
 
「日本の道100選」にも選ばれている美しい道路ですよ^^ …
 
このバス停のすぐ近くには、
 
つくばセンター
 
< 産業技術総合研究所 > 
 
物質研究所
 
 < 物質材料研究所 >
 
研究
 
そして、 筑波宇宙センター http://www.jaxa.jp/ 
 
宇宙センター
 
< JAXA > があります。
 
 
洞峰公園[1]
  
 
歩いて10分ほどの場所には約20haの大きな公園、
 
 
同峰公園
 
洞峰公園があります。
 
JR常磐線 荒川沖駅 西口より バス15分です。
 
<プラザ荒川沖> ⇒ http://www.arakawaoki.co.jp/
 
 

モノづくり県の代表 “ いばらき ” 

日立の樹TVCMでおなじみの「日立の樹」は、

2010年9月に、アメリカ合衆国ハワイ州の“Exceptional Tree”(特別な木)に認定されました。

“Exceptional Tree”は、

経済の発展により貴重な樹木が失われてきたことに鑑み、

生態系にとって重要かつ、外観的にも美しい樹木を「特別な木」として認定することで、

その保全を推進することを目的に、

ハワイ州が1975年に制定した条例によるものです。

ハワイ州の各郡単位に樹木の専門家で構成される諮問委員会の調査をもとに、市議会が認定します。

認定にあたっては、以下の条件をひとつ以上満たすこととされています。

・ 歴史的、または、文化的価値がある

・樹齢が長い

・希少価値がある

・美的価値がある

・大きさに価値がある

・生育場所に価値がある

・その土地の固有種である

「この~木、なんの木 気になる木」の、

CMソングは、もう9代目です!!

歴代のTVCM集⇒http://www.hitachinoki.net/tvcm/chronology.html

日本初のバリアフリービーチ『大洗サンビーチ』

大洗常磐エリア最大のスケールを誇る

遠浅の広いビーチが特徴の海水浴場で、

日本初のバリアフリービーチとしても知られ、

障害を持つ方でも快適に活動できるよう配慮しています。

近隣には、「アクアワールド・大洗」や「大洗リゾートアウトレット」などの

レジャー施設もあり、海以外でも楽しむことができるほか、

「岩ガキ」など旬の海の幸も堪能できます。

http://www.ibarakiguide.jp/isoyamatv.html

“まい・あみ・まつり” 茨城県阿見町 8/3(土)・4(日)

まつり21阿見町最大のイベント「まい・あみ・まつり 」は、

「さわやかセンター前通り」と特設ステージをメイン会場として、

毎年、多彩なプログラムやイベントが企画され、実施されます。
ステージ

模擬店なども多数出店され、毎年多くの人々で賑わう真夏の祭典です。

タレント

◆会場:まい・あみ特設ステージ及び(通称)まい・あみストリート

茨城県稲敷郡阿見町阿見4699-1,2他 ※ 茨城県立医療大学前です。

JR常磐線 荒川沖駅より車15分(荒川沖駅東口より路線バスあり)

<プラザ荒川沖>⇒http://www.arakawaoki.co.jp/

阿見町には長い歴史と豊かな風土文化の中で、

幾世代にも渡って受け継がれてきた各地区伝統のまつりや、

子ども育成会の行事はありましたが、町をあげての「イベント」がありませんでした。

恐竜

町民がこぞって参加し、楽しめるイベントを求める多数の意見があったため、

平成2年(1990年)に国の「ふるさと創生事業」の一環として

第1回目の「まい・あみ・まつり」が開催されました。

町民総参加による「町民同士のふれあいの輪を広める交流の場づくり」

「潤いと活力のあるまちづくり」を目標にかかげ、

今では町最大のイベントに発展・定着し、

のぶ

真夏の祭典として町内外の人々に愛され親しまれています。

<プラザ荒川沖>⇒http://www.arakawaoki.co.jp/

 

 

 

『 考えるな、感じろ!』

ブルースリー

今日7月20日は“ ブルース・リー ”の命日です。

1973年7月20日没(享年32) サンフランシスコ生まれの中国人。

中国武術家、武道家、香港の俳優であり、

截拳道(ジークンドー)を創始したマーシャルアーティストとしても知られる。

映画「燃えよドラゴン」で米ハリウッドに進出し、絶大な支持を受けたが、同年香港で急逝した。

<ブルース・リーが今でも愛される理由>

リーの魅力は何といっても唯一無二の格闘スタイル。

世界に認められた『ドラゴン危機一発』では信じられないほどのスピードで繰り出される蹴りはもちろん、残酷な攻撃シーンにも目を奪われずにいられない。

リーのアクションとカンフー哲学を鏡の間のシーンに昇華させた代表作

『燃えよドラゴン』や、未完成ながらクライマックスの塔のシーンが必見である

『ブルース・リー死亡遊戯』といった作品も、時を超えて観る者を熱くする傑作だ。

また、エネルギーほとばしる演技も魅力の一つだろう。

挑発するかのようなあごを突き出したしぐさや、

「アチョー」

相手を威圧する叫び声、

“怪鳥音”といったリー独特の演技。

リーの演技は決して表情豊かとはいえないが、そのあふれ出るエネルギーに惹(ひ)き付けられる。

リーが天才なのは今さら言うまでもないが、

彼が肉体一つで作り上げた迫力あるアクションと演技は、まだリーを知らない若い映画ファンにこそ知ってほしいもの。

再び注目を浴びている今、そんな若い映画ファンがブルース・リーの新たな魅力を見いだしてくれるかもしれない。

<ブルース・リー 特集> ↓↓

http://video.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%BC