『 筑波山 』

 筑波山夕景 筑波山(つくばさん)は、

関東地方東部の茨城県つくば市北端にある標高877mの山。西側の男体山(標高871m)と東側の女体山(標高877m)からなる。雅称は紫峰(しほう)。筑波嶺(つくばね)ともいう。

< 富士山と対比して「西の富士、東の筑波」と称される。>

茨城県の県西地方からの眺めが美しいとされる。山頂付近は特別保護地区(自然公園法)に指定され、樹木の損傷・植栽、動植物の捕獲・採取、たき火などの行為が禁止される。

『万葉集』にも詠まれ、日本百名山、日本百景の一つとされる。

百名山では最も標高が低く、開聞岳(標高924m)とともに1000m未満の山。独立峰にみえるが、実際には八溝山地最南端の筑波山塊に位置する。火山と誤解されることもあるが、実際には火山ではなく、隆起した深成岩(花崗岩)が風雨で削られて形成されたとされる。なお、山頂部分は班れい岩からなる。

筑波山は石岡市および桜川市にもまたがる。男体山・女体山山頂には筑波山神社の本殿があり、山腹には拝殿がある。『常陸国風土記』には筑波山の神が登場する。筑波山神社拝殿には坂東三十三箇所25番札所の筑波山大御堂(中禅寺)が隣接する。

筑波山は,ガマの油売りの口上などでも知られる。 関東平野を一望するロケーションの良さからアマチュア無線用中継局筑波山レピータもある。関東平野の北東部にあることと、同平野では希有な独立峰的な山であることから、気象観測や無線通信の上でも重要な拠点とされ、山頂付近には数多くのアンテナが存在する。

筑波山からは富士山の美しい景観を眺められるため、2005年に関東の富士見百景に選定された。2007年、日本の地質百選に選定。 真珠湾攻撃の際、南雲中将の第一航空艦隊に”真珠湾を攻撃せよ”を命じる隠語は「ニイタカヤマノボレ」であったが、”直ちに帰投せよ”を表す隠語は「ツクバヤマハレ」であった。

http://www.mt-tsukuba.com/