日本一長い滑り台『ワクワクスライダー』

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

茨城県日立市にある「奥日立きららの里」は、

子どもから大人まで楽しめるオススメのレジャースポット。

行楽シーズンには1日で1,000人以上の来場者が訪れる

きららの里の一番人気は、

山の頂上から一気に滑り降りる日本一長い

「ワクワクスライダー」です。

 

ワクワクスライダー

 

全長1,188mの林間コースを、スレッドと呼ばれる雪ゾリのような乗り物で滑ります。

スライダー女子

エンジンなどは搭載しておらず、自分の体重とブレーキ操作だけで走行。

乗り出しはあまりスピードが出ませんが、

山の頂上からスタートするのでまたたくまにスピードが出ます。

ブレーキをかけなければ最高時速30Kmまで加速し、約3分でゴールです。

各コーナーにバンクが設けられているので、

スリルを味わいたい方は減速せずに体を倒して曲がってみるのもいいかもしれません。

しかし、スピードとスリルを味わうだけが楽しみ方ではありません。

山あいの中を走行するので、

ゆっくりと四季折々に色付く景色を見ながら滑るのもひとつの楽しみ方。

1度目はコースの確認がてら景色を楽しみ、2度目でスリルを味わうなど、

2度、3度と楽しめるスライダーです。

では、頂上から滑り降りてきた後はどのようにして上まで帰るのでしょうか?

コモレビ

実は、ゴールはスタート地点にあります。

だからといって頂上まで歩いて登っていくわけではなく、

スレッドにワイヤーをかけて頂上まで引っぱり、乗ったまま3分半程で頂上へ戻れるのです。

スタートからゴールまで平均7、8分ですが、

成人男性なら6分程でゴールできる方もいます。

ワクワクスライダーが完成したのは、1994年5月28日。

“自然と遊ぶ”をテーマに建設されたきららの里のオープンに合せて作られました。

自然を最大限に活かした林間コースを設計したところ、

日本で二番目の長さになることが分かったため、コースを延長し、

日本一長いスライダーとして作られたのです。

<奥日立きららの里> ⇒ http://www.mito.ne.jp/~kirara/

<ワクワクスライダー動画> ⇒ http://youtu.be/BCm5gXeVD3s

<プラザ荒川沖> ⇒ http://www.arakawaoki.co.jp/

夏休み つくば子供企画 2013

テントウムシ花は昆虫のクロール[1]

ムシメセンの「昆虫喫茶へようこそ」トークイベント開催。

虫アートディレクターでありながらフォトグラファーのムシメセンこと
高山玲奈さんの「昆虫喫茶へようこそ」トークイベントが、
8月18日(日)、TX研究学園駅より徒歩5分ほどの場所にある
シェアスペースヴィアートで行われます!
イベントでは、
「昆虫喫茶へようこそ」という切り株の喫茶店に集う虫たちの映像作品や、
クワガタ
昆虫の写真を見ながらトーク♪

切り株の喫茶店に虫達が集う様子を捉えた映像

「昆虫喫茶へようこそ」や、

昆虫緑

昆虫の写真を見ながらのトークイベントを開催します。

お話ししてくれるのは虫アートディレクター/フォトグラファーのムシメセン

高山玲奈さん。

昆虫同士の関係やおもしろ行動、

とぼけた仕草など新しい発見がいっぱいの、

子どもから大人まで楽しめるイベントです。

近場のお出かけに、夏休みの自由研究のヒントに。

お友達と、親子で、ぜひお出かけください。

<トークイベント>⇒http://tsukubakidscollabo.jimdo.com/