『 あんパン 』 を初めて作った茨城県民

あんぱん

木村安兵衛 (きむら・やすべい) 常陸国河内郡田宮町 (現・牛久市)

< 武士からの転職   >

木村安兵衛は、常陸国河内郡田宮村(牛久市)に生まれた武士でしたが明治維新によって失業に追い込まれてしまいます。

そこで、安兵衛は、木村家本家の重義を頼って江戸に出ます。

当時、重義は東京府職業授産所長を勤めており、そこの事務職をすることとなります。授産所とは、明治維新により職を失った者に手に職を付けさせ生活の糧となるよう職業訓練をするところです。

そこで安兵衛は、“パン”というものを知りました。重義のすすめもあって、安兵衛はパンをつくることになったのです。

実際にパン屋としての仕事をしたのは、当時18歳の次男英三郎でした。明治維新によって起きた時代の変化を肌で感じ取った英三郎は新しいものをもとめて、横浜の外人居留地に出かけ外国人のつくったパンを見たり食べたりしていたので、パンについての一応の知識もあったのです。

< 木村屋の看板 >

パン屋開業    明治2(1869)年、安兵衛は妻ぶんのわずかな蓄えを元手に芝日陰町(現在の新橋駅あたり)にパン屋「文英堂」を開くこととなりました。店の名前は妻の名前である「ぶん」と文明の「文」と息子英三郎の「英」の字からとったものです。その後、店名は「木村屋」と改められました。

< 苦労時代  >

英三郎は日夜パン作りに励みました。しかし、英三郎の思うようなパンはいっこうにできません。ようやく作ったパンも思うようには売れない。家族の新たな船出は、順風とは言い難い状況でした。しかも、数ヶ月後に起こった火事によって店を焼失してしまいます。

< あんパン発明   >

しかし、これを転機に、一家は再起を図るため銀座尾張町に進出します。 その際、横浜で働いていた武島勝蔵という職人を新たに雇い入れました。勝蔵は英三郎とも年が近く、腕も良かったのです。 明治5年、新たな店を銀座に構えると文明開化の波とともに上昇機運に乗ることとなるのです。

パン作りの技術も上達し、柔らかいパンを作れるようになりましたが、当時の日本ではパンを食べる習慣がありませんでした。

それならば、「日本人が好きになるようなパンを作ろう.」と考え、安兵衛はいろいろな工夫を試みました。

そんなある日、パンの中にあんを入れてみてはどうかと思いつきます。それからは苦心の連続でした。ようやく出来上がったあん入りのパンはこれまでに作ったパンとは違った味がしました。

安兵衛はそのあん入りのパンを『あんパン』と名付け売り出したのです。

『あんパン』は売れに売れました。

< あんパン献上 >

明治8年、「木村屋」の『あんパン』は、安平衛の知り合いで、明治天皇の侍従であった山岡鉄舟の心をつかみました。鉄舟が安平衛に「陛下に召し上がっていただこう」と申し出たのです。その日から木村安兵衛・英三郎親子は陛下のために、特別な『あんパン』を召し上がっていただくため、試行錯誤を重ねたのです。

明治8年4月4日、ついにその日がやってきました。

明治天皇が東京向島の水戸藩下屋敷を訪問します。その際にお茶菓子として『あんパン』が献上される段取りになっていました。はじめて『あんパン』を口にした明治天皇はお気に召し、ことのほか皇后陛下(照憲皇太后)のお口にあった。そして「引き続き納めるように」という両陛下のお言葉があったのだ。このあんパンは、パンの中心に桜の塩漬けが乗ったあんパンでした。

このパンは今も、

『 桜あんパン 』 として売られ、、

木村屋で一番の人気になっているとのことです。