荒川沖の歴史

駅前■■■ 荒川沖の歴史ヒストリア ■■■

★ 『 荒川沖 』

荒川沖宿の由来は、水戸街道が慶長九年に開通したとき、 荒川本郷から移住した有力農民七戸が街道沿いに宿場を形成したのが村の起こりで、 いわゆる荒川沖宿で水戸街道二十宿の一つである。

荒川沖駅は茨城県土浦市にありますが名前の元は隣町の「稲敷郡阿見町荒川本郷」と関係があります。 江戸時代以前、この一帯は「荒川野」と呼ばれていました。

これは川(実際は乙戸川や霞ヶ浦と牛久沼)が頻繁に氾濫していた為一帯は年中水に浸かっていました。 この様子から「荒れる川の野」「川に荒らされた野」と言われたのが始まりらしいです。 その「荒川野」を沖に見る地区が現在の「荒川沖」です。

江戸時代には水戸街道の宿場町となっていました。 年中川が氾濫する地区を避けて街道が通っていたためです。 駅名はここから付けられたとされています。

< 荒川沖の今昔 >

★  名前の由来

荒川沖は、阿見町荒川本郷から分かれた集落で、荒川本郷から遠くに見えるところから“荒川の沖” (沖:遠いところの意味)と言われ、水戸街道の歴史と共に歩んで来たところである。

< 水戸街道と共に栄えた庶民の宿場 >

もともと水戸街道は、鎌倉街道の脇街道として、水戸道中とか江戸往還などと言われる細い道が通っていたが、 徳川家康が江戸幕府開設早々の慶長九年(1604)7月から同14年12月にかけて、直轄工事でまっすぐに改修したものである。

荒川沖と牛久間の改修については、牛久藩主山口重政がその任に当たり、完成後慶長15年11月荒川道取締りのために、 領内の信田郡荒川村(阿見町荒川本郷)の有力農民7戸を選んで、ここに移転させ、藩の役人の下で街道取締りに当らせた。 そして街道用務の増大に伴って、領民を張りつけた。

寛永8年(1631年)の記録では、宿戸数は40戸になって、街道の宿駅村落としての形態が形成されたという。 荒川宿はかくして、その名を正式名称としたが、当時の書付をみると、沖村、荒川村沖荒川村などと書かれており、 一般的には荒川宿で通用していたのである。

その荒川宿は、

いわゆる殿様が宿泊する陣屋宿場でなく、

牛久陣屋宿場と中村陣屋宿場の中間にあたる 「継立宿場」として

もっぱら庶民の宿場であった。

http://www.arakawaoki.co.jp

 

【 荒川沖駅名の由来 】

荒川は、霞ヶ浦に注ぐ新しい川の意で氾濫を起こしやすい川の
意も含まれている。沖は広々とした田園の意もあり、それがちょうど
あてはまる土地である。

  江戸時代に沖村、沖宿としてあったものが明治初年に荒川沖村となり、
現在に至っているが途中、朝日村に属していたものが区画整理により
土浦市に統合された。

  筑波研究学園都市が出来た当時、新駅名へと話題も出たが昔ながらの
地元民の意向により現在も荒川沖の地名が引き継がれている。