【 荒川沖駅名の由来 】

荒川は、霞ヶ浦に注ぐ新しい川の意で氾濫を起こしやすい川の
意も含まれている。沖は広々とした田園の意もあり、それがちょうど
あてはまる土地である。

  江戸時代に沖村、沖宿としてあったものが明治初年に荒川沖村となり、
現在に至っているが途中、朝日村に属していたものが区画整理により
土浦市に統合された。

  筑波研究学園都市が出来た当時、新駅名へと話題も出たが昔ながらの
地元民の意向により現在も荒川沖の地名が引き継がれている。

荒川沖駅前ロータリー広場


【 荒川沖 】は、

茨城県県南地方に位置する。土浦市だが、つくば市や阿見町の玄関​口でもある。

上野までは、電車でも車でも60分でいける。はっきりいって便利​な通勤圏です。

 北関東エリアというよりも、首都圏の茨城エリアといったほうが​よいであろう。

あみプレミアム・アウトレットができ、圏央道のつくば・牛久IC​も増え、研究学園都市にも近く,

これからも、より楽しみの多いエリアである

天然石張り 大型檜風呂完備!!

手足を伸ばして、一日の疲れを癒す。大型檜風呂を完備!! 檜の香りと気泡のマッサージ。和風情緒漂う坪庭・・・。 『プラザ荒川沖』の天然石張り檜風呂が、、、 、、
ハードな一日の疲れを心地よく癒します。