なぜ、ツバメが巣を作ると縁起がよいのか?

ツバメの巣[1]昔から縁起が良いといいますね。

ツバメは渡り鳥だから、色々な環境を察知するその鳥が、居心地の良い環境を選んで巣を作るわけだから、温度湿度的に考えてもいい家と言えるのではないか。

確かに自然の摂理に適った家は風水的にも良いみたいですし、総じて良い家として縁起がいいと言われます。

また、賑やかな所に巣をつくるのは、

さびしがり屋で人間が守ってくれると思い込んでいるらしい(笑)

※野鳥の中でも天敵から身を守る能力が低いそうだ。

人の出入りの多いところは、天敵であるカラスやヘビが近づきにくい。

そして、商いをしている場所ならば商売繁盛するともいいますね。

ツバメは、昔より水田の稲の害虫を食べてくれる益鳥として とても大事にされてきました。

お米がたくさん取れることが裕福にくらせることにつながることから、

ツバメは縁起の良い鳥として言い伝えられてきたのだと思います。

福を呼ぶためには、家を綺麗にしておくこと、 特に玄関を綺麗にすることが言われますが、

ツバメが巣を作ってからは糞が落ちるので毎日お掃除をするようになった我が家。

靴も汚されぬようにキチンとしまうようになって、

ツバメが巣を作ってくれるほうが綺麗になる我が家の玄関を見て、

ひょっとしたら、我が家にも福が訪れるかと心待ちにしています。

そして、掃除が行き届き、家の始末がキチンとされている家は 火事にもならないという事でしょうか。

<全国各地の言い伝え>

ツバメが巣をかける家は縁起が良い。(千葉、新潟、愛媛、宮崎など)
ツバメが巣をかける家は吉事がある。(茨城、愛知、香川)
ツバメが巣をかける家は病人が出ない。(栃木、千葉)
ツバメが三度巣をかけると千万長者になる。(愛知)
ツバメの巣が多いほど、その家は繁昌する。(栃木)
ツバメが家の中や座敷に巣をかけると最高にめでたい。(宮城、石川、福岡)
ツバメが自在カギに巣をかけると金持ちになる。(長野)
ツバメは衰える家には巣をつくらない。(山形)
ツバメは火事を出す家には巣づくりしない。(秋田、山形、愛知、山口など)
ツバメは田の神様を負うてくる。(広島)
ツバメが家の軒に巣をかけると豊作。かけぬと不作。(長野)
ツバメが低く飛ぶと雨。
ツバメが高く飛ぶと晴。
ツバメが巣をつくる家は縁起が良い。
ツバメの巣が多いほど繁昌する。
ツバメが巣をつくった家は火事にならない。

≪ 総評 ≫・・・・・ ツバメが巣をつくると、「 運(ウン) 」がツキ始めるようだ!!

調査結果・・・・・http://www.biodic.go.jp/reports/5-4/p028.html

プラザ荒川沖 http://www.arakawaoki.co.jp

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>