日本初の本格的ソーセージを製造したのは、茨城県人だった。

ソーセージ21『 ドイツの職人から伝授された本場のレシピ 』

お弁当に、ビールのおつまみにと、いまや日常的な食べ物となったソーセージ。

美味しくて栄養価が高く価格もリーズナブルと、三拍子揃った食肉加工品として幅広い人気を得ています。もちろん現在は全国的に普及しているソーセージですが、

日本で初めて本格的なドイツ式ソーセージを製造したのは、

茨城県出身の飯田吉英(いいだ・よしふさ)という人物でした。

飯田

< 飯田吉英 >

ソーセージの製造が行われたのは1918年(大正7年)の2月。しかしそこには、少し意外な人物が関わっています。それは、捕虜として収容されていたドイツ兵です。当時、第一世界対戦に参戦していた日本には多くの捕虜収容所があり、多くのドイツ兵が収容されていました。そこに着目したのが、畜産試験場で食肉加工の研究を行っていた飯田吉英です。彼は千葉県の習志野捕虜収容所と連絡を取り、ソーセージの製造方法を教えてくれるドイツ兵を探しました。そして出会ったのが、ドイツで食肉加工業を営むカールヤーンです。カールヤーンは食肉加工技術学校を卒業したソーセージ技術職人。一緒に捕虜となっている4人のソーセージ職人と、収容所内でもソーセージづくりを行っていました。

製造所
 しかし、ソーセージの製造法を教えてもらうことは簡単ではなかったようです。
ドイツのソーセージ技術職人にとって、その製造方法は秘伝中の秘伝。
代々伝わるレシピを他人に教えるわけにはいきません。
しかし、吉英の熱意が届いたのか、
カールヤーンは本格的なドイツ式ソーセージの製造方法を伝授してくれました。
吉英はここで学んだ技術を、講習会などを通して全国の食肉加工業者に広めていきます。
これ以降、国産ソーセージが定着することとなりました。

コメントを残す