日本野球界の発展に大きく貢献する『茨城のアマチュア野球』

木内

< 茨城県人が役割を果たしたアマチュア野球の発展 >

日本アマチュア野球界の発展に貢献し『野球殿堂』入りした茨城県人がいます。

その人物とは、飛田穂洲(とびた すいしゅう/1886年~1965年)と石井藤吉郎(いしい とうきちろう/1924年~1999年)です。

200px-Suishu_Tobita[1] (2)

茨城県常澄村(現・水戸市)に生まれた穂洲さんは、水戸中学(現・水戸一高)、早稲田大学で選手として活躍。その後、早稲田大学野球部の監督に就任して多くの名選手を育て上げ、早稲田大学野球部の黄金期をつくりました。

一球

『一球入魂の碑』

監督辞任後の穂洲さんは、朝日新聞に入社し、評論や随筆を執筆。生涯を通して大学野球、中等野球(高校野球)の発展に貢献しました。その高い評価は『学生野球の父』と呼ばれたことにも表れています。穂洲さんの野球論は『一球入魂』という言葉を使うなど、精神論を大切にするもの。野球による教育効果を広めたことも、偉大な功績のひとつです。

26f1d288ba5f5b2aeeb5a1651a0cbac5[1] (2)

一方、茨城県大洗町に生まれた藤吉郎さんは、1942年(昭和17年)、文部省主催の夏の甲子園大会に茨城県立水戸商業高校のピッチャーとして出場。その後、早稲田大学野球部で4番の強打者として活躍し、6シーズン中4度の優勝に導きました。

卒業後は大昭和製紙の野球部に所属。主力打者、主将としてチームをまとめ1953年(昭和28年)都市対抗野球大会優勝、1956年(昭和31年)世界選手権大会3位入りを果たしています。    現役引退後は、茨城県立水戸商業高校、早稲田大学、全日本の監督を歴任し、選手を育てることに力をつくします。

茨城訛りの親しみ溢れる語り口と魅力的な人柄で、

たくさんの野球人から愛された藤吉郎さんは、、

「もし、プロ野球に入っていたら長嶋茂雄の前に石井藤吉郎というひとつ時代があった」とも言われた人物です。

< 甲子園で活躍する茨城の野球球児 >

日本のアマチュア野球と言えば、まず最初に思い出すのが夏の「全国高校野球選手権大会」と、春の「選抜高校野球大会」ではないでしょうか。全国から集まった高校球児たちが、甲子園球場を熱くわかせています。

そして、わが茨城県も、1984年(昭和59年)、木内幸男監督率いる茨城県立取手二高が夏の大会で優勝。その後、木内監督は常総学院高校野球部の監督に招かれ、春・夏合わせて2回の全国制覇、2回の準優勝という素晴らしい成績を修めました。

その采配は「木内マジック」と称えられ、高校野球界の名将のひとりにあげられています。

木内監督は、2003年(平成15年)に県民栄誉賞を受賞。教え子の多くがプロ野球で活躍しています。

コメントを残す