『 霞ヶ浦 』

カモメ霞ヶ浦は国内第2位の湖面積を持つ湖。

その流域面積は茨城県全体の1/3以上を占めており、

遊覧船などのクルージングが楽しめます。

夏には観光帆引き船が運航され、

冬には多くの渡り鳥が飛来します。

また、深度は平均4mと浅く、

ワカサギ、コイ、ハゼの他、

最近では外来魚のブルーギル、ブラックバスも生息しており、

釣り場としても有名で太公望が全国から訪れます。

この他150種の野鳥や水生植物の宝庫で豊かな自然に恵まれています。

霞ヶ浦のバス釣りの様子

↓↓

http://video.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E9%9C%9E%E3%83%B6%E6%B5%A6+%E3%83%90%E3%82%B9%E9%87%A3%E3%82%8A

 

第23回 かすみがうらマラソン 4月21日 開催

マラソン2013年4月21日 茨城県土浦市川口運動公園スタート!!

出場選手の皆さんの御健闘を祈ります!!

只今、4月20日のご宿泊は、、

出場選手及び関係者の方で満室御礼でございます。

http://www.kasumigaura-marathon.jp/

 

茨城県は、ビールの生産量日本一です!!

ビール<ビール工場に最適な茨城の豊かな自然環境>

『 いばらきの豊かな水、広大な土地、首都圏への快適なアクセス 。 』

年間を通してたくさんの人々に愛飲されているビール。

居酒屋などで、「 とりあえずビール! 」 と 最初の一杯を注文する、

ビール党の方も多く見かけます。

そして、このビールを日本で一番多く生成しているのが茨城県なのです。

茨城県では日本最大級といわれるアサヒビール茨城工場(守谷市)や、

キリンビアパーク取手(取手市)など、、

大手ビールメーカーの工場が稼動しています。

では、なぜ茨城県に大型ビール工場が設置されるのでしょう?

その理由のひとつが、” 豊かな水 “。

ビールの生成には、大ビン1本あたり約6倍の水が使用されるといいます。

その点、茨城県には霞ヶ浦など水量豊富な水源があり、十分な水を確保することができるのです。

次に、” 広大な土地 “。

例えばアサヒビール茨城工場の敷地面積は388,722平方メートル(東京ドーム約8個分)と、 国内でも有数の広さを誇っています。関東平野に覆われた茨城県だから提供できる敷地面積でしょう。

そして、大きな魅力となるのが ” 首都圏への快適なアクセス ” です。

茨城県南地区は、ビールの大消費地・東京の約30キロ圏内。

高速道路の整備に伴い、スピーディーな物流を実現しています。

このように茨城県には、ビール工場を設置する最適な条件が整っているのです。