失敗を恐れる自分を認識し、克服する

<第1位>今すぐやる気を出す方法ベスト10

ここは思い切ってやってみた方がいいと、頭ではわかっていても、どうしても行動に移せないことってありますよね。『Linchpin: Are You Indispensable?』という本の著者、Seth Godinは、私たちが持っている「Lizard Brain」の存在について、語っています。

これは、あなたが何かしようとしていると、自分の中から聞こえてくる、やめておいた方がいい気をつけろ、もっとゆっくりした方がいい、と言った声のことです。こういう声は、あなたを守る安全装置のようなもので、完全に消し去ることは、できないのだそうです。だからまず、失敗を恐れるのは普通のことだと認識しましょう。そして「Lizard Brain」に、なるべく惑わされないようにタスクに向かいましょう。

みなさんは、調子が出ないときには、どうやってやる気を出していますか?

カラダとココロはつながっている

<第7位> いますぐやる気がでる方法ベスト10
プレゼンの前には、息が荒くなったり、冷や汗をかいたり、心臓がドキドキしたりしますよね。それは、カラダとココロがつながっているから。つまり緊張すると、それが身体的症状になって表れてしまうわけです。じゃあ、それを逆手に取ってしまおうというのが、この方法です。大事なタスクを前にしたら、歩き回ったり、自分を元気づけるような言葉を声に出して言ったり、リングに上がる前のボクサーのように、自分に気合いを入れるのです。そうすれば、ココロも連携して、心身ともに準備ができることでしょう。

どうしても気が散るなら、少しはマシな現実逃避を

<第9位>今すぐやる気がでる方法ベスト10

あなたは子供のとき「盗み食いしちゃダメよ」と言われて、我慢できる子でしたか?それとも、ちょっとつまんで、食べた形跡を消し去って、知らん顔するタイプでしたか?もし後者だったら、この方法が効くかもしれません。

今取りかかっているタスクにどうしても集中できないときに、急ぎではないメールの返事を書いたり、コーヒーを飲みに行ったり、関係のないウェブサイトをチェックしたりするのではなく、少しはマシな現実逃避をする、というのはどうでしょうか。つまり、プロジェクトの進捗状況をチェックしたり、机の上を片付けたり、立ち上がってストレッチしたりするのです。そうすれば、集中できてない自分に対して、少しはいらだちも抑えられることでしょう。全く無駄なことをしているわけではないですしね。