茨城は日本の衛星通信発祥の地

アンテナ (2)

<KDDI茨城衛星通信センター>

” 日本初の衛星中継 ”

世界中の出来事を、リアルタイムで中継してくれる衛星通信。

海外のニュースやスポーツ映像などが、いまでは当たり前のようにテレビで流されています。    しかし、ほんの40年ほど前までは、とても考えられない画期的なことでした。 そして、日本で初めて太平洋を越えたテレビ中継の電波をキャッチしたのが茨城県多賀郡十王町(現・日立市十王町)に設置されたKDD茨城宇宙通信実験所(現KDDI茨城衛星通信センター)です。    KDD茨城宇宙通信実験所は、1963年(昭和38年)11月20日に開設されました。そして、日本初の衛星通信実験が行われたのは、その3日後。アメリカのケネディ大統領と、初の日米間テレビ衛星中継を行う約束が交わされていたのです。この実験では、ケネディ大統領からのメッセージ映像が、日本国民に対して放送される予定でした。

しかし、実際に飛び込んできた映像は、なんと「ジョン・F・ケネディ大統領、テキサス州ダラスで暗殺!」という衝撃的なニュース。1963年11月23日(米時間22日)、日本中の人々は、茨城県で受信された日本初の衛星通信で、この悲しい事件を知ることとなったのです。

” 新しい情報インフラへ役割の多くを託す ”

KDDI茨城衛星通信センターは、これまで、メキシコオリンピック、アポロ11号月面着陸など世界的なビッグニュースを日本に紹介してきました。

現在、設置されているアンテナは、直径32メートルの大きなパラボラアンテナが2基、その他、直径13メートル、直径11メートルなど大小合わせて約13基。その約半数が常時稼働しており、太平洋上空の人工衛星に照準を合わせています。静止衛星とはいえ、人工衛星は軌道上で微妙に位置を変えます。その位置をそれぞれのアンテナが、自動制御で追尾しているのです。    現在は、人工衛星が発信する電波のパワーも大きくなり、通常の衛星通信であれば、直径4メートルほどのアンテナで可能になりました。また、光ファイバーの海底ケーブルも設置され、これまで衛星通信が担ってきた役割の多くが移行しています。

KDDI茨城衛星通信センターも43年間の役割を終え、閉局することが決まりました。

しかし、その白く美しいフォルムで地域の人々から愛されてきたパラボラアンテナは、

電波望遠鏡として復活させる案も浮上。

今度は私たちに、世界初となる宇宙からのニュースをもたらしてくれるかもしれません。