『 予科練の街 』 阿見町。実は、” 竹林の町 ”でもあるのです。

竹藪阿見町は、

< 竹林面積比率が茨城県で一位。>
しかし、これまで観光資源としては余りスポットを当てられませんでした。
2008年、町に埋もれた観光資源を再発見・再価値化し観光振興のきっかけづくりを行い、
新たな観光まちづくりを目指すべく発足した

「阿見町観光プロデュース会議」の提言により、

『竹林と竹を生かした交流活動』が始まりました!!

< 竹倶楽部 > ⇒ http://amikan.jp/take/index.html

茨城で生まれた日本伝統の味 『 うな丼 』

うなぎ

『 うな丼 』 の発明者 ” 大久保今助 ” と <牛久沼>

牛久沼の船着き場で始まる 『 うな丼 』 誕生物語

芳ばしい香りと、ふくよかな旨味。夏の滋養食としても知られる『うな丼』は、

日本を代表する伝統の味のひとつです。

しかし、このうな丼が、茨城県龍ケ崎市で誕生したという伝説が残っていることはあまり知られていません。

時は江戸時代後期。

江戸の堺町(現・中央区日本橋人形町)に、大久保今助という芝居小屋の金主(事業や芝居などの興行主に資金を提供する人)がいました。今助は、現在の常陸太田市出身。仕事の所用で、水戸方面へ出向くことも少なくなかったといいます。当時の水戸街道は龍ケ崎方面に大きく迂回しており、北へ向かうには牛久沼を渡るのが早いルート。そのため牛久沼には船着き場と茶屋が設置されていました。

この牛久沼の船着き場で、物語は始まります。

その日も今助は、茨城県北部へ向かうため、牛久沼の船着き場にいました。お腹が空いてきたところに、茶屋から蒲焼きのいい香りが。

「おかみさん、おれにもひとつ頼むよ!」。今助はうなぎを注文しました。

当時の食べ方は、蒲焼きを皿に載り、ご飯が茶碗で出て来るものです。

やがて運ばれてきたうなぎを今助が食べようとしたところ「船が出るぞ~」の声。「しかたない。おかみさん一式借りるよ!」。今助は、とっさに茶碗のご飯の上に蒲焼きを滑らせ、うなぎが載っていた皿をふた代わりにして船に乗り込みました。

向こう岸についた今助が茶碗のふたを取ると、

勢い良く湯気が上がり芳ばしい香りが鼻孔をくすぐります。

ひとくち食べると 「 うまい!! 」。

船に載っている間にタレがご飯に染み込み、

ふた代わりにしたお皿で蒲焼きがほどよく蒸され、

絶妙な一品に変身していたのです。

これが、『 うな丼 』 の始まりです。

 

日本古来からあるエコバッグ、それは 『 風呂敷 』 です!!

ふろしき

レジャーや旅行、ビジネスのお供にも!

エコでおしゃれで変幻自在な、、

『 風呂敷 』 が便利!

「風呂敷」というと、どのようなイメージがあるでしょうか。

「ババ臭い」「古臭い」と思っているそこのあなた、1度使ってみてください。ヤミツキになりますよ。

私も数年前から風呂敷ユーザーになりました。色々な物に愛用しています。箱ティッシュカバーにテレビの埃よけ、旅行時に下着や小物を包むなど、おかげで家中が風呂敷だらけになってしまいました。

そんな風呂敷にも様々なサイズがあるのをご存知ですか?

大サイズではタテ約90cm×ヨコ約90cmのものを「二四巾(にしはば)」、中サイズではタテ約68cm×ヨコ約68cmのものを「二巾(ふたはば)」、小サイズではタテ約45cm×ヨコ約45cmのものを「中巾(ちゅうはば)」など、他にも数種類あるんです。

包みたい物の大きさに合わせて風呂敷のサイズを選んだら、次は包み方ですね。この『まいにち、ふろしき』(誠文堂新光社)という本では「えっ! こんな物まで?」と驚くような生活用品の包み方も紹介されているんですよ。

例えば観葉植物や携帯電話、バドミントンラケットにノートパソコンなど、ありとあらゆる物がきれいに風呂敷に包まれています。

最近では、風呂敷バッグを作れる取っ手やハンドルも数多く販売されているので、世界に1つしかない自分だけのバッグを作るのもおしゃれですよね。

風呂敷こそが日本古来からあるエコ・バッグです。荷物が増えた時なんかには、本当に便利ですよ。これからはバッグに1枚風呂敷はいかがですか?