なぜ、土浦の花火大会が日本一なのか?

花火2

『 土浦全国花火競技大会 』

10月5日(土) 18:00~ 茨城県土浦市桜川畔(学園大橋付近)

JR土浦駅より徒歩20分

10月の夜空に、なんと 20,000発!!

” 色・音・光 ” の瞬間芸術!

茨城・土浦が感動に包まれる夜…….。。

※土浦全国花火競技大会は、

通常の花火大会とは違い 出品花火に対する評価がつくので、(内閣総理大臣賞 他)

参加される全国の花火師の方は特に力を入れてくる大会なのです。

約60社の煙火業者が集まります(7・8・9月はあちこちの花火大会で忙しいのです)

土浦の花火が質も規模も日本最高峰なのには理由があります。

それは、全国の花火師が1年がかりで準備した花火を出品するからなのです。

決められた時間の中で、、、

企画、演出、音楽とのシンクロの緻密さ……

そして、ストーリー性などが問われます。

毎年どんどんレベルが高くなってきています。

とにかく、 『 いい花火 』 に出会いたかったら、

土浦の全国花火競技大会が一番!!

一晩に数多くの 『 名玉 』 に出会うことができるはずです。

<2012年 土浦花火大会>

↓↓

http://www.youtube.com/watch?v=4O2DL1U6Ck0&feature=player_embedded

<プラザ荒川沖>・・・・http://www.arakawaoki.co.jp

茨城県水戸市で < 納豆 早食い世界一決定!>

本県特産品の納豆をPRする「第11回水戸納豆早食い世界大会」が17日、水戸市千波町の「桜田門外ノ変」オープンロケセット内で開かれた。米国からの参加も含め、国内外からの参加者92人が競い、奈良県安堵町の飲食店従業員、木森康晴さん(27)が世界一の称号を手にした。

昨年の大会は予定していた前日に東日本大震災が発生し、中止となったため、2年ぶりの開催。決勝では、わらづと納豆5本分(計350グラム)に日本人男性10人が挑戦。雨が降りしきる中、納豆をかき込む男たちの熱く粘りある戦いに、応援客も終始圧倒されていた。

2009年の第9回大会にたたき出された27秒6に続く、歴代2位となる27秒7のタイムで初優勝した木森さんは、第3回大会からほぼ毎年参戦。「この1週間、早い食べ方の研究を重ねた。来年は2連覇を達成したい」と意気込んだ。