進歩状況を可視化する

<第2位>今すぐやる気を出す方法ベスト10

タスクが何パーセント達成されたか、締め切りまで後何日か、といった進捗状況は、よく見えるところに表示しましょう。グループタスクの場合は、メンバーみんなが見えるところに、ボードなどを置いてもいいですね。進捗状況をグラフ(英文)にしたり、記録(英文)を取ったり、ウェブアプリ(英文)を使ったりしてもいいですね。もちろん、このようなツールを使わないでも、個人的な日記やブログでもよさそうですよ。

自分でリミットを設定する

<第4位>今すぐやる気がでる方法ベスト10

自分が納得するまでやってタスク完了、というのも悪くはないのです。が、自分でリミットを設定して、そこに向かって作業し、時間が来たら終わりというプレッシャーが、逆にいいものを作り上げるということもあります。ミュージシャンのBeckは、あるときに、24時間でアルバム一枚を完成させると自分で決め、実際に作り上げたそうです。また、起業家でブロガーのGuy Kawasaki氏は、プレゼンテーションにおける「10/20/30ルール」(英文)を提唱しています。これは、スライドは10枚、プレゼン時間は20分で、フォントサイズは30というものです。次のタスクに取りかかるときには、時間でも、量でもいいので、自分でリミットを決めてみてください。

一日の最初にはメールチェックしない

<第5位>いますぐやる気が出る方法ベスト10

メールチェックをしないと、仕事が始められないという人もいるでしょうから、これは、すべての人が使える方法ではないかもしれません。いや、そういう人は1時間早く、仕事を始めればいいのですから、不可能ではないですよね。つまり、一日の始めには重要なタスク、今日仕上げたいタスクに取りかかるといいということです。試しに一日か二日、朝一番にメールボックスを開かない、というのをやってみてください。