つくばラーメンフェスタ 2013

wpid-7572ed761[1]

10月12(土)~14(月・祝) つくば市役所・西側駐車場 ※入場無料

■ 問合せ先 つくばラーメンフェスタ実行委員会 TEL029-879-8200

■ 会場住所 茨城県つくば市刈間2530-2

昨年、初開催にして8万人もの来場者を集めて話題となった、
siryou035[1]

ラーメンの一大フェスティバル。

f3f7a67c[1]

つくば市役所の西側駐車場に設けられた特設会場に、

20061207_3[1]

県内外から13の人気ラーメン店が集結し、

DSC07065[1]

渾身の一杯を振る舞う。

また期間中は、音楽ライブやダンスショー、

srf2010[1]

つくば市の特産品販売など催しも盛りだくさん。

今年も渋滞が予想されるので、

お出かけはお早めに。

<つくばラーメンフェスタ> ⇒   http://www.tsukuba-ramen.com/

<プラザ荒川沖> ⇒  http://www.arakawaoki.co.jp/

茨城県の郷土料理として、新たな食文化を担う『スタミナラーメン』。

茨城郷土料理と呼べる美味しいものが、

私たちの住む茨城県にはたくさん存在します。

温暖な気候の茨城県には、海の幸も大地の恵みも実に豊かな食材の宝庫。

そういう環境で生まれ育った茨城県民は、当然、舌が肥えており、自然と美味しい料理が満ちあふれています。

その中でも、多くの人々に愛される代表的なメニューの一つが『スタミナラーメン』です。

東京で開催された『東京ラーメンショー2012』へ参加したことが各種メディアでも伝えられましたから、その活躍ぶりをご記憶の方も多いことでしょう。

< 様々な味わい方を楽しめるのも魅力 >

未だ『スタミナラーメン』とは何かをご存知ない方のため、念のために説明すると、レバー、キャベツ、カボチャ、ニンジン、ニラなどの食べ応え充分な具材を用い、強めのとろみをつけた醤油味の甘辛あんをかけたラーメン。旨味充分にして、歯応えの良い、喉ごし抜群な麺が、その素晴らしきあんに絡まって、甘さ、辛さ、コクが一体となって口いっぱいに広がります。スープ入りの一般的なラーメン感覚で楽しみたいのであれば、マイルドな魚介系の効いたスープが麺の美味しさを引き立てる『ホット』。特長ある甘辛あんと麺の旨味をダイレクトに満喫するのであれば、汁なしタイプの『冷やし』を。ほとんどの『スタミナラーメン』を提供するお店にて、0.5玉刻みで麺を増量することが可能なため、その日の空腹状況や気分で麺量を指定できるのも、魅力に繋がっている部分です。

スタミナラーメンスタミナラーメン2

『スタミナラーメン・ホット』              『スタミナラーメン・冷やし』

さっそくの余談ですが、一風変わった食べ方として一部の常連さんから「スープを少なめに」や「あんを多めに」などのオーダーもあるのだそう。

さらに古くからの常連さんの中には、猫舌だからと『ホット』の熱々スープに冷たい麺を入れて食べる、通称「ネコ」や、またその逆でスープのない『冷やし』に熱々の麺を用いる、通称「イヌ」の注文をする方もいるようです。

郷土愛・茨城県民愛を、一丁目一番地に考える心がまえを最優先すること。

その姿勢が何よりも大切です。

そのために、今すべきことは『スタミナラーメン』を継承していく人材の育成。利己的な考えではなく、利他的に物事を捉え、行動できることが必須です。商売をするうえでの正しい哲学のもとに、美味しい料理を提供するからこそ、店も繁盛する。そういう考え方を持つ人材を育て、茨城県内の各地域にバランス良く店が増えたらと考えています。

県内に住む多くの皆さんに、“○○の場所に、あの『スタミナラーメン』のお店ができたから楽しみが増えたね。水戸やつくばまで出向かなくても食べられるようになって嬉しい”と言われるようになるのが理想です。メディア等では、今や全国区となった『スタミナラーメン』などと言っていただいてはいますが、

私たちはあくまで茨城県、茨城県民にこだわりを持ち続けていたいですから。

『スタミナラーメン』で茨城県の食文化に新たな1頁をつくりあげていくことは、私たちの夢であり、壮大なロマン。

いつの日か『スタミナラーメン』が、

茨城県民の誇りある郷土料理の一つになっていければと思います。

http://www.arakawaoki.co.jp