茨城県は、ビールの生産量日本一です!!

ビール<ビール工場に最適な茨城の豊かな自然環境>

『 いばらきの豊かな水、広大な土地、首都圏への快適なアクセス 。 』

年間を通してたくさんの人々に愛飲されているビール。

居酒屋などで、「 とりあえずビール! 」 と 最初の一杯を注文する、

ビール党の方も多く見かけます。

そして、このビールを日本で一番多く生成しているのが茨城県なのです。

茨城県では日本最大級といわれるアサヒビール茨城工場(守谷市)や、

キリンビアパーク取手(取手市)など、、

大手ビールメーカーの工場が稼動しています。

では、なぜ茨城県に大型ビール工場が設置されるのでしょう?

その理由のひとつが、” 豊かな水 “。

ビールの生成には、大ビン1本あたり約6倍の水が使用されるといいます。

その点、茨城県には霞ヶ浦など水量豊富な水源があり、十分な水を確保することができるのです。

次に、” 広大な土地 “。

例えばアサヒビール茨城工場の敷地面積は388,722平方メートル(東京ドーム約8個分)と、 国内でも有数の広さを誇っています。関東平野に覆われた茨城県だから提供できる敷地面積でしょう。

そして、大きな魅力となるのが ” 首都圏への快適なアクセス ” です。

茨城県南地区は、ビールの大消費地・東京の約30キロ圏内。

高速道路の整備に伴い、スピーディーな物流を実現しています。

このように茨城県には、ビール工場を設置する最適な条件が整っているのです。

 

人気者は目立たない?会話の中心になれるコツ!!

■TV番組のMCはどうしてる?

例えば人気TV番組のMCを思い浮かべてみてください。彼らは、そんなに延々と話をしていません。周りの人に話を振って、自分は聞き役に徹しています。そして聞いている話に少し反応をするだけで、会話の中心にいるのです。

すなわち、会話の中心人物はベラベラと話を続ける人ではないということです。

■均等に話題を振れるか

大事なのはその場にいる人達に均等に話題を振れるかということです。話に参加できていない人にまで気配りできているかも大事です。空気が読める人というのは、会話の中心にもなりやすいでしょう。

■話題を変えられる人になる

ひとつの話題である程度会話が盛り上がった後、一瞬みんなが無言になることがありますよね。そんな時が話題を変えるタイミング。「そういえば、◯◯さん、こないだ言ってた◯◯は最近どうなの?」などで、相手の引き出しを開けてみましょう。人はみんな自分の話を聞いてもらいたいものです。周りの人の引き出しをタイミング良くそっと開けて、あとは深く聞いてあげたり、質問を返したりするのも良いでしょう。話題を変えた人は、その話題のスターターになり、中心となりやすいので効果的です。

「会話の中心にいる人=目立つ人」ではありません。ですので、面白い話をしなければいけない…と、プレッシャーを感じる必要は全くありません。相手の話をフォローしてあげたり、ほかの人に振ってあげたりする気遣いさえあれば良いのです。ぜひ実践してみてください。