茨城は日本一の栗の生産地です。

yun_6537[1]

茨城県は、

栽培面積・生産量とも全国第1位を誇る栗の生産地です。
kuri03[1]

 

栗の歴史はとても古く、縄文時代の遺跡からも多くの栗が出土しているそうです。
P9130735[1]

 

茨城県では明治30年頃から栽培が始まったとされており、

主な産地は、

笠間市・かすみがうら市・石岡市などで、

 

ku5q2433[1]

081017namimatu2_l[1]

 

他にも県内各地で広く栽培されています。
resipi043[1]

 

そのまま茹でて食べてもよし、新米でくりごはんにすれば季節感もたっぷり。

渋皮煮や甘露煮などにすれば、

スウィーツとしても楽しめる栗。
2237[1]

秋の味覚の代表格、

日本一の茨城の栗をぜひご賞味ください。

<茨城の栗> ⇒ http://www.ibaraki-shokusai.net/season/season7.cfm

<プラザ荒川沖> ⇒ http://www.arakawaoki.co.jp/

 

 

 

【いばらきの旬なフルーツ:梨】

梨21
今回皆様にご紹介するのは、
今が旬のナシ、「幸水」です。
梨2
「幸水」は全国で最も多く栽培されている品種で、
シャリッとしたさわやかな食感と、上品な甘さが特徴の果物です。
梨園
美味しい幸水を選ぶポイントは、果皮に適度な赤みがあり、色ムラがないこと、
大きさが同じなら重みがあること、軸が太くしっかりとしていること,の3点です。
梨
茨城県の幸水は、8月いっぱいまでお楽しみいただけます。
夏の疲労回復にも最適な、
みずみずしい旬の幸水を、ぜひご賞味下さい。
<茨城のうまいもんどころ> ⇒ http://ibaraki-shokusai.net/food_vegetables.cfm?type=2
<プラザ荒川沖> ⇒ http://www.arakawaoki.co.jp/

今が旬、『 茨城のメロン 』

メロン

美味しいメロン作りに欠かせないのは、

水はけの良い土地と昼夜の気温差が大きい気候です。

茨城県は、日本を代表するメロン産地です。

メロン恵まれた土地でたっぷり愛情を注がれて育ったいばらきメロンは、

見た目の美しさに加え、しまった果肉と豊かな風味に富んだメロンです。

< いばキラロード > ↓↓

http://www.youtube.com/watch?v=wcGykmwMncM&NR=1&feature=endscreen

< うまいもんどころ > ↓↓

http://www.ibaraki-shokusai.net/season/season2.cfm

『奇跡のリンゴ』上映中!中村映画の原点は、故郷“いばらき”にあった。

りんご[1] 実現不可能といわれていた、

「リンゴの無農薬栽培」に挑み続けた

リンゴ園[1]青森のリンゴ農家・木村秋則さんの実話を基にした作品。

nakamu[1]

『 奇跡のリンゴ 』 ※<2013 フィレンツェ映画祭「観客賞」受賞。>

つくば市・小田出身の中村義洋監督は、、

「自然豊かな “ つくば ” で育ったからできた映画だと思います。」といってます。

撮影地・青森県の岩木山は、

茨城県の筑波山に似てるそうです。

中村義洋[1]

中村義洋さんは、

ユニークな切り口で、コミカルからミステリーまで幅広い作品を

次々にヒットさせ、

今や、誰もが認める売れっ子監督です。

http://www.kisekinoringo.com/

 

 

 

 

 

茨城のうまいもんといえば、『メロン』。茨城県は、『メロン』の生産量日本一です!

メロン

いばらきのメロンは、これから最盛期を迎えます!

茨城県はメロンの生産量日本一です!!

みなさんも、『茨城のメロン』 を是非、味わってください。

TVでも紹介されてます。

↓↓

http://youtu.be/RqMG5A-Neak

「キウイの実」 もぎたてのまんまプレゼント!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA我が家の御神木でもある

『 キウイ 』 をもぎたてのまんま直送します!!

※ご当選者の方に限らさせていただきます。

配送は、収穫後11月中旬頃です。ご了承ください。

※楽天トラベル懸賞広場にも載せてます。

http://prize.travel.rakuten.co.jp/frt/detail.do?f_no=74572

プラザ荒川沖のプレゼントコーナーより応募してくださいね。

キウイ5.5現在の状況・5月5日撮影 今年は寒いのでまだ花が咲いてません。

5.5つぼみ5月5日撮影 つぼみです。多分5月中旬には満開になります!

また、写真アップしますね。

http://www.arakawaoki.co.jp/

 

 

茨城県は全国有数の『 すいか 』の生産地です!

スイカ3

『 大玉すいか 』

主な生産地は、、 < 阿見町、牛久市 >

『 優れた自然条件と生産者努力 』

水はけの良い火山灰土と暖かい気候が甘く美しいすいかを育てます。

50年の歴史を持つ大玉すいか栽培。

茨城県は全国でも有数のすいかの産地で、

牛久市や阿見町は、平坦で水はけの良い火山灰土の土壌と温暖な気候という、すいかによく適した自然条件から50年以上の栽培の歴史があります。

さらに、有機肥料などの土づくりなど絶え間ない生産者の研究や努力の成果が、京浜市場でも高い評価を受ける大玉すいかを育てました。

夏の風物詩、すいかは暑気あたりや糖尿病に効果があり、利尿作用にすぐれた果実。

本県ものは糖度11以上と甘く、果皮にツヤがあり良形で果肉は鮮やかな赤色をしています。

大玉すいかは見た目も美しく、甘くみずみずしいものが好まれ、

首都圏に近い茨城の大玉すいかは、それに新鮮さがプラスされているのです。