モノづくり県の代表 “ いばらき ” 

日立の樹TVCMでおなじみの「日立の樹」は、

2010年9月に、アメリカ合衆国ハワイ州の“Exceptional Tree”(特別な木)に認定されました。

“Exceptional Tree”は、

経済の発展により貴重な樹木が失われてきたことに鑑み、

生態系にとって重要かつ、外観的にも美しい樹木を「特別な木」として認定することで、

その保全を推進することを目的に、

ハワイ州が1975年に制定した条例によるものです。

ハワイ州の各郡単位に樹木の専門家で構成される諮問委員会の調査をもとに、市議会が認定します。

認定にあたっては、以下の条件をひとつ以上満たすこととされています。

・ 歴史的、または、文化的価値がある

・樹齢が長い

・希少価値がある

・美的価値がある

・大きさに価値がある

・生育場所に価値がある

・その土地の固有種である

「この~木、なんの木 気になる木」の、

CMソングは、もう9代目です!!

歴代のTVCM集⇒http://www.hitachinoki.net/tvcm/chronology.html

<2013>夏のいばらき大特集!

鉾田ひまわり畑今年もいよいよ、熱い夏がやってきました。

3年ぶりに開設される北茨城市の磯原二ツ島海水浴場をはじめ、

太平洋に面した茨城県には18ヶ所の海水浴場があります。

さらに海からすぐの距離に、水族館や動物園、

自然いっぱいの公園やアウトドア施設からアウトレットモールまで、

shunkan_title[1]磯山[1][1]みんなが楽しめる観光スポットがいっぱい!

もちろん、花火大会や夏まつりも各地で盛大に開催されます。

海だけじゃない、茨城県。

みなさんもこの夏は「IBARAKI SUMMER!」を楽しんでください!!

発する校門http://www.ibarakiguide.jp/ibaraki-summer/

茨城空港に“戦闘機”2機が展示されています!

c769390df5c91ad88b72d1f8b4a8eb98-1024x768[1]

茨城空港ターミナルビルに隣接する空港公園に、

航空自衛隊百里基地を退役した戦闘機など2機が展示されました。

展示されているのは,「ファントム」の愛称で知られる「F-4J改 要撃戦闘機」と,

eac241fdf1abe6f81065a859f9af2239-1024x768[1]

迷彩色に彩られた「RF-4EJ 戦術偵察機」の2機です。

F-4戦闘機が基地以外に展示されているのは

青森県の三沢基地に次いで2ヶ所目ですが、

2機同時に見られるのは茨城空港公園が初!

みんなで遊びに行きましょう!

 

魅力あふれる、いばらきの海。今年の夏は“いばらき”で泳ごう!

海茨城県内には変化に富んだ18カ所もの海水浴場があり、

海鳥環境省が選定した「海水浴場百選」に選ばれたビーチが、

なんと、

関東7か所のうち5か所もあります。

カップル近くて楽しいいばらきの海水浴場。

今年の夏は、

水着いばらきの海で思いっきり楽しんでください!

茨城の海水浴場⇒ http://www.ibarakiguide.jp/seasons/summer/beach.html

茨城の旬をバイクで駆ける。

SANYO DIGITAL CAMERAナビゲーターの水野ちはるさんが、

茨城県の四季折々のとっておきの「旬」を、

毎回違った最新モ­デルのバイクで巡り、

知られざる魅力的なツーリングコースを紹介!

バイク

筑波山・極上ルート<前編>

↓↓

http://www.youtube.com/watch?v=5wTd5oVeb6c

2013「IBARAKI SUMMER!」 ポロシャツ販売中!

シャツ3s

昨年の夏、

観光誘客促進および節電対策を県職員一丸となって推進することを目的に制作された

「IBARAKI SUMMER」ポロシャツ。

茨城サマーメディアにも取り上げられ

「自分もこれを着て、いばらきの夏をPRしたい!」

「ぜひ販売して欲しい!」などの声を多数いただ き、

一般販売をしたところたくさんの方に喜んでいただけました。

黄門シャツ

今年も、

より多くの方と一緒に茨城県の観光PRを、

そして節電への取り組みを進めていけるよう、

新色・新デザイン・新価格の、、

新しい「IBARAKI SUMMER!」ポロシャツを制作しました。

シャツ2ご職場で、ご家庭で、

そして茨城県内外を問わずお出かけの際に、

「IBARAKI SUMMER!」ポロシャツと一緒に

この夏の思い出をたくさん作ってくださいね。

http://www.ibarakiguide.jp/hustle/

茨城空港から宮古・石垣への乗り継ぎ便が運航されます!

サンゴ海

平成25年7月10日から

「茨城‐宮古」 「茨城‐石垣」 乗り継ぎ便が運航されます。

スカイマークより、茨城空港から宮古・石垣への乗り継ぎ便の期間運航ダイヤが発表されました!!  那覇乗り継ぎで、乗継運賃は4,000円と大変お得です♪

※  マンタが泳ぐ美しい海や世界有数の青サンゴ礁、そして豊かな自然と伝統文化。

沖縄本島とはまた異なる魅力が満載です!!

この夏は少し足をのばして、離島での休日を過ごしてみませんか☆

【運航ダイヤ(2013.7.10~)】

茨城-宮古 SKY531/547 11:10-17:00(那覇出発16:10)

宮古-茨城 SKY542/536 11:50→17:25(那覇出発14:50)

茨城-石垣 SKY531/567 11:10→17:30(那覇出発16:30)

石垣-茨城 SKY562/536 11:35→17:25(那覇出発14:50)

※乗継運賃は,

茨城⇔那覇間と那覇‐宮古線また那覇‐石垣線を指定された乗り継ぎ便で利用される場合に適用されます。

【航空券のご予約は】  スカイマークホームページhttp://www.skymark.jp/

 

2012年5月21日 金環日食を茨城で見よう!!

2012年5月21日、いよいよ金環日食が観測できる日がやってきます。

金環日食は、太陽の手前を月が横切ることで一部が隠れ、太陽が欠けて見える「日食」の中でも特に珍しく、太陽の内側に月が完全に入り込み、太陽が細いリングのように見えるという天文現象です。

日本国内では、1987年9月23日の沖縄金環日食以来25年ぶり、首都圏近郊で観測できるのは1839年9月7日以来、実に173年ぶりのことなのです。
今回を見逃すと、次は2030年6月1日の北海道となり、首都圏で観測できるのは、なんと300年後の2312年4月8日になってしまいます。

一生に一度あるかないかの天体ショー、ぜひ茨城で観測してみませんか!?

今回は東京、大阪、名古屋など、太平洋側を中心に本州でも広く観測でき、茨城県は全域が金環日食を見ることができるエリアに入っています。

茨城県は中心線が通る最も東端であり、沿岸などから金環日食を見るのに絶好のポジションです。茨城県は朝7時35分から37分頃に最大食を迎えます。
今回の日食で行方市や河内町では、最大で太陽の直径の97%まで太陽面上に月が入り込む予想で、金環日食が見られる時間が5分を超える場所もあります(国立天文台 天文情報センターHPより)。

金環日食についての詳しい情報は国立天文台のページをご覧ください

 

次のような誤った方法で観察を行うことは大変危険です!

・太陽をじかに見つめる
・望遠鏡や双眼鏡の使用
・サングラスをかけての観察
・色つき下敷