関東一の米どころ【茨城のお米】

稲刈り

今年は台風の前に無事、稲刈りが終了しました!

写真は、小田がけ天日干しの様子です。

稲

茨城県は,

関東平野の北東部に位置し,平地面積が県全体の約3分の2を占めています。

玄米2

8世紀に成立した「常陸国風土記」では,

「茨城地方は豊かな土地に恵まれ,気候も温暖で,夢のような理想郷(常世の国)だ」と説明されています。

稲刈り2

久慈川,那珂川,小貝川,鬼怒川,利根川などの清らかな水に恵まれ,

気候も温暖なため,稲作が古来より盛んに行われており,

玄米

平安時代には日本一の水田面積を誇っていたといわれます。

炊く

こうした長い歴史と豊かな風土が,

ごはん

おいしい「いばらきのお米」をつくりだしているのです。

<いばらきのお米>

※ うまいもんどころ ⇒ http://www.ibaraki-shokusai.net/season/season_shinmai.cfm

<楽天トラベル・懸賞広場より抽選で玄米プレゼント>

申し込み受付中(9/17~10/20)

↓↓

http://prize.travel.rakuten.co.jp/frt/detail.do?f_no=74572&f_version=1&f_teikei

 

さんま

ところで、

みなさん

秋の味覚 「 サンマ 」 がおいしい時期になりましたね!

注) サンマはプレゼント中ではありません( 笑 )

<プラザ荒川沖> ⇒ http://www.arakawaoki.co.jp/

モノづくり県の代表 “ いばらき ” 

日立の樹TVCMでおなじみの「日立の樹」は、

2010年9月に、アメリカ合衆国ハワイ州の“Exceptional Tree”(特別な木)に認定されました。

“Exceptional Tree”は、

経済の発展により貴重な樹木が失われてきたことに鑑み、

生態系にとって重要かつ、外観的にも美しい樹木を「特別な木」として認定することで、

その保全を推進することを目的に、

ハワイ州が1975年に制定した条例によるものです。

ハワイ州の各郡単位に樹木の専門家で構成される諮問委員会の調査をもとに、市議会が認定します。

認定にあたっては、以下の条件をひとつ以上満たすこととされています。

・ 歴史的、または、文化的価値がある

・樹齢が長い

・希少価値がある

・美的価値がある

・大きさに価値がある

・生育場所に価値がある

・その土地の固有種である

「この~木、なんの木 気になる木」の、

CMソングは、もう9代目です!!

歴代のTVCM集⇒http://www.hitachinoki.net/tvcm/chronology.html

【阿見町】阿見グリーンメロンのスィーツフェア開催中!〈~7/20〉

メロン大きくて、爽やかな甘さ。

有名じゃないけど味は負けないよ!

阿見グリーンメロン紹介ページ

↓↓ 観光いばらき

http://www.ibarakiguide.jp/eat.html

人がにぎわう自然と歴史の町・・・・『 茨城県稲敷郡阿見町 』

JR常磐線 荒川沖駅は、阿見町の玄関口になります。

 

茨城のうまいもんといえば、『メロン』。茨城県は、『メロン』の生産量日本一です!

メロン

いばらきのメロンは、これから最盛期を迎えます!

茨城県はメロンの生産量日本一です!!

みなさんも、『茨城のメロン』 を是非、味わってください。

TVでも紹介されてます。

↓↓

http://youtu.be/RqMG5A-Neak

茨城県は全国有数の『 すいか 』の生産地です!

スイカ3

『 大玉すいか 』

主な生産地は、、 < 阿見町、牛久市 >

『 優れた自然条件と生産者努力 』

水はけの良い火山灰土と暖かい気候が甘く美しいすいかを育てます。

50年の歴史を持つ大玉すいか栽培。

茨城県は全国でも有数のすいかの産地で、

牛久市や阿見町は、平坦で水はけの良い火山灰土の土壌と温暖な気候という、すいかによく適した自然条件から50年以上の栽培の歴史があります。

さらに、有機肥料などの土づくりなど絶え間ない生産者の研究や努力の成果が、京浜市場でも高い評価を受ける大玉すいかを育てました。

夏の風物詩、すいかは暑気あたりや糖尿病に効果があり、利尿作用にすぐれた果実。

本県ものは糖度11以上と甘く、果皮にツヤがあり良形で果肉は鮮やかな赤色をしています。

大玉すいかは見た目も美しく、甘くみずみずしいものが好まれ、

首都圏に近い茨城の大玉すいかは、それに新鮮さがプラスされているのです。