★★霞ヶ浦1周にバイクで挑戦★★

霞ヶ浦21霞ヶ浦は全国で2番目に大きい湖です。(外周距離は全国1位)

ちはる2ナビゲーターの水野ちはるさんが、

茨城県の四季折々のとっておきの「旬」を、

ちはるバイク

毎回、違った最新モデルのバイクで巡り

知られざる魅力的なツーリングコースを紹介!

いばキラ★ロード・・・ 「 霞ヶ浦1周・前編 」 ↓↓

<動画はこちら>⇒http://www.youtube.com/watch?v=iT1qPIbb4w8

 

なぜ、土浦の花火大会が日本一なのか?

花火2『 土浦全国花火競技大会 』

10月5日(土) 18:00~ 茨城県土浦市桜川畔(学園大橋付近)

JR土浦駅より徒歩20分

10月の夜空に、なんと 20,000発!!

” 色・音・光 ” の瞬間芸術!

茨城・土浦が感動に包まれる夜…….。。

※土浦全国花火競技大会は、

通常の花火大会とは違い 出品花火に対する評価がつくので、(内閣総理大臣賞 他)

参加される全国の花火師の方は特に力を入れてくる大会なのです。

約60社の煙火業者が集まります(7・8・9月はあちこちの花火大会で忙しいのです)

土浦の花火が質も規模も日本最高峰なのには理由があります。

それは、全国の花火師が1年がかりで準備した花火を出品するからなのです。

決められた時間の中で、、、

企画、演出、音楽とのシンクロの緻密さ……

そして、ストーリー性などが問われます。

毎年どんどんレベルが高くなってきています。

とにかく、 『 いい花火 』 に出会いたかったら、

土浦の全国花火競技大会が一番!!

一晩に数多くの 『 名玉 』 に出会うことができるはずです。

2012年 土浦花火大会の様子

↓↓

http://www.youtube.com/watch?v=4O2DL1U6Ck0&feature=player_embedded

<プラザ荒川沖>・・・・http://www.arakawaoki.co.jp

 

第23回 かすみがうらマラソン 4月21日 開催

マラソン2013年4月21日 茨城県土浦市川口運動公園スタート!!

出場選手の皆さんの御健闘を祈ります!!

只今、4月20日のご宿泊は、、

出場選手及び関係者の方で満室御礼でございます。

http://www.kasumigaura-marathon.jp/

 

霞ヶ浦の湖水に潜む西浦と北浦の別名称。その由来は?

茨城県が誇る霞ヶ浦。言わずと知れた湖沼面積全国2位の、美しくも広大な湖です。この霞ヶ浦についての、興味深い呼び名の違いについての話をご紹介します。地図イラスト(1)の水域を『霞ヶ浦(西浦)』と標記しているのを見かけたことがある、という方は少なくないと思います。対して(2)の水域の名称は『北浦』です。『西浦』と『北浦』。しかし、ちょっと待ってください。地図上、西にある『西浦』は理解しやすいですが、その東側にある水域が、なぜ『北浦』と称されているのでしょう? この謎を解く鍵は、(3)の『外浪逆浦(そとなさかのうら)』側の地域にありました。

『北浦』は、鹿島台地と行方台地の間を南北に分ける水帯です。そこから南側に位置する『浪逆浦(なさかのうら)』から見て「北側にある浦」だからという明瞭な理由により『北浦』との呼び名が生まれ、以後、定着したのです。『浪逆浦』から『北浦』にかけての位置にある現・鹿嶋市の場所が、実は一番のポイントとなります。古くより鹿島神宮が祀られていたことでわかるように、かの昔からこの地には多くの人々が生活していたのです。大勢の人が生活していたからこそ、理屈に合った呼び名も生まれるというもの。そうして室町時代ごろ『北浦』と呼ばれるようになるまで、この水域は、遥か上代(飛鳥時代から奈良時代を指す)の時代から『流海(ながれのうみ)』と呼ばれていました。歴史的にも重要な水路であり、また大切な生活する場所だったのです。

まず北浦ありき、その西にあるから名称は西浦

『北浦』の次は『西浦』について。『霞ヶ浦(西浦)』と標記されるのは、かつて幕末の時代、『霞ヶ浦』の名称と共に『西浦』とも呼ばれていた名残り。『西浦』である理由は、あきらかに『北浦』の西側に位置していたから。『西浦』すなわち『霞ヶ浦』は、まず『北浦』が認識されたうえで存在する湖だったということになります。

『霞ヶ浦』の名称の移り変わりを説明しましょう。東側の『北浦』が『流海』と称されていた上代のころ、『霞ヶ浦』は『香澄流海(かすみながれのうみ)』と称されていました。流海の前に記された『香澄』は、河口の旧・香澄村(現・潮来市牛堀)の地名に由来するものと考えられています。その後、平安時代に『香澄浦(かすみうら)』の名称になったものの、室町時代、湖水面が広く冬期を除いては、常に霞が発生していたことから、読み方は変わらず漢字を変えて『霞浦』へと推移しました。正確な意味で、いつ、誰が名付けたかは不明ですが『霞ヶ浦』の特徴を、実に良く捉えている表現と感じざるを得ません。幕末の時代に、現在の『霞ヶ浦』標記になりました。

『霞ヶ浦(西浦)』と『北浦』は、水深や面積、周囲の景観の違いがあるため、霞ヶ浦と総称される湖でありながら、まったく違う雰囲気、感覚を、訪れる者に与えてくれる妙味があります。季節を問わず人気の散策スポットである両浦周域をのんびり巡り、その差を存分に味わってみるのもまた、楽しい休日の過ごし方ではないでしょうか。長い歴史に想いを馳せながら、ぜひたくさんの人に歩いてほしい茨城屈指、名スポットの一つです。

【霞ヶ浦、北浦、浪逆浦の名称の変遷】

時代 上代 平安 室町 幕末 現代 霞ヶ浦 香澄流海 香澄浦 霞浦 霞ヶ浦 北浦 流海北浦 北浦 浪逆浦 浪逆海 外浪逆浦。

今回、霞ヶ浦(西浦)・北浦の名称の変遷など、様々な興味深いお話をしてくださったのが、鹿嶋市で郷土史家として活躍されている矢作幸雄さんです。矢作さんは、茨城県鹿嶋市の地に生誕した塚原卜伝の生涯を綴り描く『無敗の剣聖 塚原卜伝』を講談社より刊行(2011年5月中旬予定)するなど、精力的な執筆活動を展開。鹿嶋市が平成19年度から塚原卜伝の名を全国に広め、観光振興に繋げるべく大河ドラマ実現に向けた取り組みを展開する中、矢作さんは、その働きかけにも一役買っています。「ドラマや本になれば、多くの人にとって、塚原卜伝の存在が身近になるのでは」と相好を崩し、穏やかに話してくださいました。

【 荒川沖駅名の由来 】

荒川は、霞ヶ浦に注ぐ新しい川の意で氾濫を起こしやすい川の
意も含まれている。沖は広々とした田園の意もあり、それがちょうど
あてはまる土地である。

  江戸時代に沖村、沖宿としてあったものが明治初年に荒川沖村となり、
現在に至っているが途中、朝日村に属していたものが区画整理により
土浦市に統合された。

  筑波研究学園都市が出来た当時、新駅名へと話題も出たが昔ながらの
地元民の意向により現在も荒川沖の地名が引き継がれている。